検索の多いキーワード



検索方法
 

資産割廃止のお知らせ

 姫路市では、保険料の賦課方式を条例で4方式に定め、所得割(前年の所得に応じて計算)、資産割(固定資産税額に応じて計算)、均等割(加入者1人あたり)、平等割(1世帯あたり)の4つを合計して保険料を算出しています。

 平成30年度から国民健康保険事業が都道府県と市町村との共同運営(広域化)となり、保険料負担の平準化が図られます。これを踏まえ、平成28年度からは、資産割を廃止し、所得割、均等割および平等割の3方式に変更することとしました。 

賦課割合の変更 

 国民健康保険の財源として、確保すべき保険料は、加入者それぞれの所得や資産に応じた『応能割』(所得割・資産割)と加入世帯の構成人数に応じた『応益割』(均等割・平等割)で構成されています。

 国は、保険料における『応能割』と『応益割』の比率(賦課割合)を50対50にするよう負担の適正化をすすめており、姫路市でも『応能割』の所得割を46%、資産割を4%、『応益割』の均等割を35%、平等割を15%に、賦課割合を定めていましたが、このたびの資産割廃止に伴い、下記のとおり資産割分の負担を平成27年度から所得割に段階的に移行することで保険料の急激な変化を抑制します。

 区分 割合   平成26年度     平成27年度    平成28年度から
 応能割

所得割

 50%

46%

48%

50%

資産割

4%

2%

 0%

 応益割

均等割

 50%

35%

35%

35%

平等割

15%

15%

15%

このページの作成・発信部署
電話番号: 079-221-2358   ファクス番号:079-221-2188
Copyright(C) 2017 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地