検索の多いキーワード



検索方法
 

高額介護合算療養費の支給

国保の世帯において医療費と介護サービス費の自己負担額を合算した額が高額になった場合に、申請により自己負担限度額を超えた部分が支給されます。ただし、限度額を超えた部分が500円以下の場合は、支給はありません。

区分

70歳未満の人がいる世帯の場合

     自己負担限度額(年額)

 所得区分   自己負担限度額 
 住民税課税世帯  所得901万円超   212万円
 所得600万円超901万円以下   141万円
 所得210万円超600万円以下  67万円
 所得210万円以下(住民税非課税世帯除く)  60万円
住民税非課税世帯  34万円
 
  •  ここでいう所得とは保険料の算定の基礎となる所得にあたり、住民税の総所得金額等から基礎控除額(33万円)を除した金額になります。
  •   70歳未満の所得区分が平成26年7月まで3区分だったのが、平成26年8月から上表の5区分に変更されました。 

 

70歳以上75歳未満の人がいる世帯(後期高齢者医療制度対象者を除く)の場合

    自己負担限度額(年額)

所得区分  自己負担限度額 
 現役並み所得者(注1) 67万円 
 一般世帯 56万円
 低所得2(注2) 31万円
 低所得1(注3) 19万円
 

注1 現役並み所得者とは、住民税課税所得が145万円以上の70歳以上75歳未満の国民健康保険の被保険者がいる 世帯に属する人です。 

注2 低所得者2とは、世帯主及び被保険者全員が住民税非課税の世帯に属する人です。

注3 低所得者1とは、世帯主及び被保険者全員が住民税非課税で、かつ所得が0円(公的年金の場合は、公的年金等控除額を80万円として計算)の世帯に属する人です。

 

申請に必要なもの

国民健康保険証、介護保険証、世帯主名義の口座のわかるもの、印かん、マイナンバーカードまたは通知カード、自己負担額証明書(対象期間内に姫路市国民健康保険・姫路市介護保険以外の保険に加入された期間がある方のみ)

(申請場所は国民健康保険課のみです)

 

ご注意

  • 申請先は原則毎年7月31日時点で加入している医療保険者です。(後期高齢者医療保険制度に加入中の方は関連情報をご覧ください。)
  • 自己負担額を年間(毎年8月分~翌年7月分まで)で合算します。
  •  同一世帯内で世帯員が異なる医療保険に加入している場合、毎年7月31日時点の各医療保険ごとに自己負担額が合算して計算されます。(国保の世帯員以外の方の自己負担額は国保の高額介護合算療養費の計算対象外です。)
  • 年度の途中に医療保険、介護保険が変更となった場合、変更前の保険における自己負担額も合算の対象となります。
  • 自己負担額は医療保険の場合は高額療養費、介護保険の場合は高額介護(予防)サービス費を差し引いた後の金額です。
このページの作成・発信部署
電話番号: 079-221-2358   ファクス番号:079-221-2188
Copyright(C) 2017 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地