検索方法
 

特定疾病療養受療証の交付

高額な治療を長期間継続して行う必要がある、血友病・人工透析が必要な慢性腎不全・抗ウイルス剤を投与している後天性免疫不全症候群の方は、申請により交付される「特定疾病療養受療証」を医療機関の窓口に提示すれば、その病気に関わる治療費は月1万までになります。ただし、慢性腎不全で人工透析を要する70歳未満の上位所得者の自己負担限度額は、月2万円となります。

 

なお、申請には医師の証明が必要です。(申請書に医師の証明欄があります。)

 

概要

 特定疾病自己負担額

70歳未満の方の特定疾病自己負担額

 区分 特定疾病  自己負担額(月額)
住民税課税世帯のうち上位所得者世帯(注1) 人工透析を必要とする慢性腎不全   20,000円
血友病・血液凝固因子製剤の投与に起因するHIV感染症   10,000円
住民税課税世帯で上記以外の世帯

人工透析を必要とする慢性腎不全

血友病・血液凝固因子製剤の投与に起因するHIV感染症

  10,000円
住民税非課税世帯(注2)   10,000円

注1 同一世帯内のすべての国民健康保険加入者の所得から基礎控除額を除した金額の合計額が600万円を超える世帯。ただし、所得の確認ができない場合(税未申告等)は法令上、上位所得者として計算します。

注2 同一世帯の世帯主と国保加入者全員が住民税非課税の世帯

 

なお、70歳以上の方の特定疾病自己負担額は、月額10,000円です。

 

 申請に必要なもの

  • 国民健康保険証(世帯主または治療されている方の分)
  • 印かん
  • 医師の証明書
  • マイナンバーカードまたは通知カード 

関連情報

このページの作成・発信部署
電話番号: 079-221-2358   ファクス番号:079-221-2188
Copyright(C) 2017 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地