検索の多いキーワード



検索方法
 

交通安全教室

保育園児や小学生をはじめ、中・高生、高齢者を対象に、各世代に応じた交通安全教室を実施し、交通安全意識の普及啓発の推進に取り組んでいます。

 

保育園児等に対する交通安全教室

   7、8月、1月~3月に保育園児等を対象に、交通安全について学習します。

【主な内容】
  • 危機管理室指導員による講話
  •  映画の上映

 

道路の安全な渡り方教室

   1学期に新小学1年生を対象に、道路を安全に渡るための基本的な交通ルールを学習します。

【主な内容】
  • 警察官による講話
  • 危機管理室指導員による講話
  • 映画の上映
  • 実技訓練

  道路の安全な渡り方教室の講話の写真   道路の安全な渡り方教室の実技訓練の写真

 

自転車の安全な乗り方教室

   2学期に小学3、4年生を対象に、自転車の点検方法や自転車の乗り方のルールやマナー等を学習します。

【主な内容】 
  • 警察官による講話
  • 危機管理室指導員による講話
  • 映画の上映
  • 実技訓練

自転車の安全な乗り方教室の講話の写真   自転車の安全な乗り方教室の実技訓練の写真   自転車の安全な乗り方教室の実技訓練の写真      

 

中学生自転車安全運転教室

   平成26年度より、自転車通学許可を行っている中学校(13校)を優先的に、交通ルールや自転車の利用マナーの普及啓発と推進に取り組んでいます。
自転車通学許可を行っていない中学校も実施しています。

【主な内容】
  • 警察官による講話
  • 危機管理室指導員による講話
  • 映画の上映
  • 自転車シミュレータ
  • 実技訓練

開催校により、実施内容は異なります。

 中学生自転車安全運転教室の自転車シミュレータの写真   中学生自転車安全運転教室の実技訓練の写真   中学生自転車安全運転教室の実技訓練の写真

 

高校生自転車安全運転講習

   自転車の運転マナー違反による事故が多発しており、特に高校生による自転車事故が問題視されていることから、平成24年度から市立3校の新1年生を対象に自転車安全運転講習を実施しています。
   また、平成25年度からは市内の県立高校も対象に加え、交通ルールの普及啓発と利用マナーの徹底を図っています。

【主な内容】 
    (1) 講義
  • 自転車が道路交通法に定める「軽車両」であること
  • 主な事故原因
  • 交差点での事故事例
  • 問われる責任問題(賠償責任)

 

    高校生自転車安全運転講習の講義の写真


 (2) 速度の読み取り体験

        目の前を走行する自動車やバイクの速度を読み取り、人が感じる速度には個人差があることや、目標物の大きさによって錯覚を生じる事を体験します。

    高校生自転車安全運転講習の速度読み取り体験の写真   高校生自転車安全運転講習の速度読み取り体験の写真


(3) 事故再現(衝突実験)

        ダンボール箱を飛び出す自転車と仮定し、走行する自動車と衝突させて事故の衝撃を体験します。
    高校生自転車安全運転講習の事故再現・衝突実験の写真 高校生自転車安全運転講習の事故再現・衝突実験の写真 高校生自転車安全運転講習の事故再現・衝突実験の写真

   

(4) 危険運転体験

        携帯電話を操作しながらの片手運転や傘さし運転が、如何に危険であるかを実際に自転車に乗って体験します。

    高校生自転車安全運転講習の危険運転体験の写真   高校生自転車安全運転講習の危険運転体験の写真 


 (5) 死角の相互確認と見通しの悪い交差点の通行

        死角の相互確認では、自動車の運転席に座り前方の視野範囲や、側方・後方の歩行者や自転車が把握できるかどうかを体験します。

    死角の相互確認と見通しの悪い交差点の通行の写真   死角の相互確認と見通しの悪い交差点の通行の写真

 

高齢者交通安全教室

   高齢者の交通事故が多発していることから、高齢者に対する交通安全意識の高揚を図るため、「反射神経測定機器」を活用した参加体験型の交通安全教室を実施し、楽しく交通ルールについて学習します。

【主な内容】 

  • 危機管理室指導員による講話
  • 反射神経の測定

 

      高齢者交通安全教室の歩行者教育システムの写真     

 

スケアード・ストレート交通安全教室

   近年、自転車での交通事故が多発している中、兵庫県では平成27年4月1日より「自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」が制定され、自転車利用者の賠償責任保険の加入が義務化となるなど、自転車の安全・安心な利用が求められています。
   このたび、自転車の乗車機会が多い中・高生を対象に、スケアード・ストレイト交通安全教室を実施しました。
 
スケアード・ストレイト交通安全教室…プロのスタントマンにより交通事故を再現し、恐怖を実感することで、それにつながる危険行為を未然に防ぎ、交通ルールを遵守することの大切さを体感させる教育方法です。

 

日時及び開催場所

  • 平成27年11月13日(金) 10時40分~11時30分
    兵庫県立網干高等学校(1年生200人)
  • 平成27年11月13日(金) 13時30分~14時30分
    姫路市立網干中学校(1年生174人、2年生181人)

 

主な内容

  • 時速40キロメートルの事故の衝撃
  • 自転車の乗り方のマナー
  • 見通しの悪い交差点での事故
  • 横断歩道での事故
  • 自転車事故を起因とした事故
  • ドア開放事故
  • 大型トラックの左折巻込み事故
  • 大型トラックの死角による事故
  • 右直事故

 

スケアード・ストレート交通安全教室の写真

スケアード・ストレート交通安全教室の写真

スケアード・ストレート交通安全教室の写真

スケアード・ストレート交通安全教室の写真

スケアード・ストレート交通安全教室の写真

資料の閲覧方法についてのご案内

このページに掲載されている資料の中には、別途、閲覧ソフトが必要になるものが含まれています。
閲覧ソフトをお持ちでない場合は、下記のそれぞれのリンクから無料でダウンロードすることができます。

PDF形式 

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。

Acrobat Readerダウンロードページ

ワード形式

ワード形式のファイルをご覧いただく場合には、Microsoft社が提供するWord Viewerが必要です。

Word Viewerダウンロードページ 

エクセル形式

エクセル形式のファイルをご覧いただく場合には、Microsoft社が提供するExcel Viewerが必要です。

Excel Viewerダウンロードページ

このページの作成・発信部署
電話番号: 079-223-9599   ファクス番号:079-223-9541
Copyright(C) 2017 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地