検索の多いキーワード



検索方法
 

子どもたちの安全を守る事業

   子どもたちが悲惨な事故や事件に巻き込まれる事案が多く発生しています。このような状況の中で、広く市民の皆さんに防犯意識の啓発を図るとともに、犯罪の未然防止や子どもたちの安全確保を目的に、さまざまな施策を展開しています。

 

   登下校の子どもたちを見守る 

   地域と協働し、登下校中の子どもたちの安全を見守っています。

 

主な事業内容

こども110番のくるま

 姫路市では、各小学校単位で運用されている「こども110番の家」の移動版として、市の約330台の公用車に「こども110番のくるま」ステッカーを貼付しています。市職員の通常業務を通じて、市民のみなさんへの防犯意識の啓発や犯罪の未然防止を図るとともに、犯罪の発生時には「こどもの緊急避難場所」として活用し、関係機関等への連絡を行います。

こども見守り隊事業

 平成14年度から17年度に実施した「地域で守る学校の安全対策推進事業」の発展・継続事業で、主に小学校区(71校区)を対象に、通学路を中心とした地域の防犯パトロール等を行う地区連合自治会等に補助金を交付し、活動を奨励していきます。

安全安心パトロールカーの運用

 2台の安全安心パトロールカーが通学路を中心としたパトロールを行い、安全安心に関する情報・要望の収集、防犯意識の広報・啓発に努めます。
 パトロールカーには青色回転灯を装備し、パトロール員として警察官OBも乗務します。

安全安心まちづくりサポーター制度

 市民、事業所等のボランティアによる防犯活動を展開しています。

関連情報

       69小学校と1特別支援学校において、地域の皆さんに学校安全ボランティアとして、学校の安全確保に参加いただいています。

 

このページの作成・発信部署
電話番号: 079-223-9599   ファクス番号:079-223-9541
Copyright(C) 2017 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地