姫路市ホームページ > 各課HPフォルダ(市民生活系) > 危機管理室 > 防災対策 > 津波のおそれがあるときの避難方法について

津波のおそれがあるときの避難方法について

津波発生のおそれがあり避難が必要となる場合

兵庫県瀬戸内海沿岸部に津波警報・注意報が発表されると、姫路市から該当地区の住民や漁業従事者、港湾区域の就業者、海岸でのレジャー目的の滞在者等の皆さんに避難指示が出されます。

 

津波避難方法

姫路市から避難指示が出された地域は、原則徒歩により避難対象地区外へ避難します。

気象情報や地震・津波に関する情報などに十分注意して、地域で声を掛け合いながら逃げ遅れることの無いよう、早く避難してください。

 

津波警報・注意報の種類と発表される津波の高さ及び取るべき行動について

 津波警報の表

 

巨大地震により津波が発生した場合 

  • 「巨大」という言葉を使った大津波警報で、非常事態であることを伝えられます

巨大地震が発生した場合は、最初の津波警報(第一報)では、予想される津波の高さを、「巨大」、「高い」という言葉で発表して非常事態であることが伝えられます。

「巨大」という言葉で大津波警報が発表された時は、東日本大震災クラスの非常事態であるため、ただちにできる限り高いところへ避難してください。

  • 精度よく地震の規模が求まった場合には、
    予想される津波の高さを、1メートル、3メートル、5メートル、10メートル、10メートル超の5段階で発表されます

巨大地震の場合でも、地震発生から15分ほどで精度のよい地震の規模が把握できます。その時は、予想される津波の高さを「巨大」「高い」という言葉での表現から、5段階の数値での発表に切り替えられます。
また、巨大地震ではなく、地震の発生直後から精度よく地震の規模が求まった場合は、初めから5段階の数値で発表されます。
例えば、3~5メートルの津波が予想された場合は、「大津波警報」を発表し、「予想される津波の高さは5メートル」と発表されます。

 

このページの作成・発信部署
電話番号: 079-223-9599   ファクス番号:079-223-9541
Copyright(C) 2016 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地