検索の多いキーワード



検索方法
 

空カン類

空カン類の分け方と出し方を紹介しています。

空カン類の具体例

飲料が入っていたアルミ缶・スチール缶、一斗缶、お菓子の缶、入浴剤の缶、スプレー缶やカートリッジ式ガスボンベ缶等、20リットル以下の空カン類

空カン類を出す手順

  1. 水ですすいで乾かしてください。(小さなごみは取り除く)
  2. スプレー缶、カートリッジ式ガスボンベ缶は使い切ってから穴を開けてください。
  3. 粗大ごみステーションの回収容器に出すときは、ビニール袋などから出して、缶だけを入れてください。
  • 地元売却物について
    地元の指示に従ってください。なお、地元売却できないときは「空カン類」へ出してください。

 

リサイクルの疑問Q&A

Q1:カンをリサイクルすると、電気の節約になるって本当?

A1:カンのリサイクルは資源の再利用のほかに、電気の節約にもなります。リサイクルされた材料から鉄やアルミニウムをつくると、原材料(鉄鉱石・ボーキサイト)からつくるよりも、鉄では72.4%、アルミニウムでは97%もの電気が節約できます。

このページの作成・発信部署
電話番号: 079-221-2404   ファクス番号:079-221-2408
Copyright(C) 2017 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地