検索方法
 

食品ロス削減の取り組み

姫路市では、食べきり運動等を推進することで、食品ロス削減に取り組みます。

食品ロス削減に取り組みましょう

食品ロスとは、まだ食べられるのに廃棄される食品のことです。

日本では、年間2,775万トンの食品廃棄物等が出されています。このうち、食品ロスは、621万トンと試算されています。(農林水産省及び環境省「平成26年度推計」)

家庭から排出されるごみのうち、約半分は家庭からのもので、日本人一人当たりの食品ロス量を試算すると、「お茶碗1杯分(約134g)の食べ物」が毎日捨てられている計算となります。

「30・10運動」「宴会5箇条」による宴会での食べ残し削減をはじめ、買い過ぎない、作り過ぎない、残り物も他の料理に活用するなど、一人一人が「もったいない」という意識を持って、食品ロス削減に取り組みましょう。

 

外食時の「おいしい食べきり」全国共同キャンペーン 

全国で食べきり運動を推進し、食品ロスを削減することを目的として「全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会」が平成28年10月10日に設立され、姫路市も協議会の趣旨に賛同し参加しています。

協議会では、活動の一つとして12月から1月の忘年会・新年会の多い時期に、外食時の「おいしい食べきり」全国共同キャンペーンを実施しています。

『忘年会・新年会は、おいしく残さず食べきろう!』

忘年会・新年会は、宴会5箇条を実践し、食べ残しを減らしましょう。 

宴会5箇条

  1. まずは、適量注文
  2. 幹事さんから「おいしく食べきろう!」の声かけ
  3. 乾杯は、日本酒で!
  4. 開始30分、終了10分は、席を立たずにしっかり食べる「食べきりタイム!」
  5. 食べきれない料理は仲間で分け合い
全国共同キャンペーンちらし姫路市版

30・10(さんまるいちまる)運動(外部へリンク)

宴会時に最初の30分、最後の10分は席に戻り、食べ残しを減らす運動です。宴会時等において「もったいない」を心がけ、食品ロスの削減に取り組みましょう。

 

食べもののムダをなくそうプロジェクト(外部へリンク)

消費者庁など関係6府省庁が連携して事業者と家庭、双方における食品ロスの削減を目指し、国民運動「NO-FOODLOSSプロジェクト」を展開しています。

 

全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会(外部へリンク)

「おいしい食べ物を適量で残さず食べきる運動」の趣旨に賛同する自治体により、広く全国で食べきり運動等を推進し、3Rを推進するとともに、食品ロスを削減することを目的として設立されたネットワークです。

 

資料の閲覧方法についてのご案内

このページに掲載されている資料の中には、別途、閲覧ソフトが必要になるものが含まれています。
閲覧ソフトをお持ちでない場合は、下記のそれぞれのリンクから無料でダウンロードすることができます。

PDF形式 

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。

Acrobat Readerダウンロードページ(外部リンク)

ワード及びエクセル形式

ワード及びエクセル形式のファイルをご覧いただく場合には、Microsoft社が提供するMicrosoft Office 互換機能パック必要です。

Microsoft Office 互換機能パックのダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成・発信部署
電話番号: 079-221-2404   ファクス番号:079-221-2408
Copyright(C) 2017 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地