検索方法
 

母子家庭等医療費の助成

母子家庭等医療費の助成についてご説明しています。

お知らせ 平成27年7月1日から乳幼児等・こども医療費助成制度の通院一部負担金が無料になりました。

これに伴い3歳から中学3年生までの母子家庭等医療費助成制度の受給者の方は、より助成が手厚い乳幼児等医療費助成制度(小学3年生まで)及びこども医療費助成制度(小学4年生から中学3年生)へと移行していただきました。

 

概要

助成制度の概要は以下のとおりです。

対象者

  • 児童扶養手当全部支給基準に該当する所得を有する母、父又は扶養義務者の世帯及び一部負担金軽減世帯
    18歳未満の児童を監護する母子家庭の母等とその児童、18歳未満の児童を監護する父子家庭の父とその児童、両親のいない18歳未満の児童
  • 児童扶養手当一部支給基準に該当する所得を有する母、父又は扶養義務者の世帯
    母子家庭の母が監護する18歳未満の児童、父子家庭の父が監護する18歳未満の児童、両親のいない18歳未満の児童

 

助成は、児童が18歳に達する日以降最初の3月31日まで

ただし高等学校又は高等学校に準じる学校に在学中の場合(高等学校卒業者は除く)は、20歳に達する月の月末まで 

所得制限 

あり(母等・父等・扶養義務者、養育者、養育者がいない場合は本人)。 

所得制限の詳細は下記の所得制限のページをご覧ください。

母子家庭等医療費の助成の所得制限

資格発生日

資格発生日

母子家庭等になられた日、又は申請した日の属する月の初日から

手続きの概要

詳細な手続きのご案内は下記の母子家庭等医療費受給者証交付申請書をご覧ください。

母子家庭等医療費受給者証交付申請書

助成医療費

保険診療(入院・外来)の自己負担額から下記の一部負担金を控除した額

一部負担金について

  • 外来

    医療機関ごとに1日につき800円(平成26年6月診療分までは1日につき600円)限度に、月に2回まで
    (同一の医療機関での負担額は月1,600円が上限)

  • 入院
    医療費の1割相当額が必要:月3,200円(平成26年6月診療分までは月2,400円)が上限額
    中学3年生までのこどもの平成25年7月から平成27年6月までの入院医療費については、医療の給付に係る被保険者等負担額に相当する額を助成(後日申請により市から払い戻しします)

◆平成26年7月1日より、3歳から小学3年生までのこどもは、乳幼児等医療費助成制度の一部負担金と同額になるため、乳幼児等医療費受給者証を交付し、当該助成制度により医療助成を行なっておりましたが、平成27年7月1日以降中学3年生までのこどもについて、乳幼児等・こども医療費受給者証を交付することになりました。

一部負担金の軽減について

母・父等扶養義務者又は養育者が住民税非課税で、かつ公的年金収入が80万円以下もしくは公的年金収入を加えた所得が80万円以下の場合、一部負担金が次のとおり軽減されます。

  • 外来

    医療機関ごとに1日につき400円限度に、月に2回まで  

  • 入院
    医療費の1割相当額(月1,600円が上限)
    注釈)3歳から中学3年生までのこどもの平成25年7月から平成27年6月までの入院医療費については、医療の給付に係る被保険者負担額に相当する額を助成(後日申請により市から払い戻しします)

 

このページの作成・発信部署
電話番号: 079-221-2303(総務担当)   ファクス番号:079-221-2946
Copyright(C) 2017 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地