検索の多いキーワード



検索方法
 

高齢重度障害者医療費助成制度

高齢重度障害者医療費助成制度をご説明しています。

制度の概要

制度の概要は以下のとおりです。

対象者

 注釈)65歳以上で、後期高齢者医療保険制度に加入している方で

  • 1級・2級の身体障害者手帳を所持する人
  • A判定の療育手帳を所持する人
  • 1級の精神障害者保健福祉手帳を所持する人

 (国民健康保険または社会保険等の加入者は重度障害者医療費助成制度の対象となります。

所得制限

あり 本人、配偶者、扶養義務者の市町村民税所得割額の合計が23万5千円未満であること。(ただし、寄附金税額控除、住宅借入金等特別税額控除前の税額。)

 

資格発生日

 後期高齢者医療保険制度に加入された日から(ただし、下記の方は除く)

  • 現在後期高齢者医療保険制度の加入者で、1・2級の身体障害者手帳またはA判定の療育手帳の交付を受けた人

  →身体障害者手帳の認定における医師の診断日の属する月の初日から

  →療育手帳の交付における判定日の属する月の初日から

  • 現在後期高齢者医療保険制度の加入者で、1級の精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた人

  →精神障害者保健福祉手帳の交付日の属する月の初日から

手続きの概要

詳細な手続きのご案内は下記の高齢重度障害者医療費助成認定兼医療費助成申請をご覧ください。

助成医療費

保険診療費(入院・外来)の自己負担額から下記の一部負担金を控除した額。

入院時の食事代、室料差額、健康保険の使えない治療など保険給付対象外の費用は除きます。

なお、精神障害者保健福祉手帳1級の人の精神疾患による治療(精神科・心療内科の治療)については、高齢重度障害者医療助成制度の対象外です。

また、自立支援医療等により医療費の助成を受けることができるときも高齢重度障害者医療助成制度の対象外となります。

一部負担金について

  • 外来
    医療機関ごとに一日につき600円まで、月2回まで
    (同一の医療機関での負担額は月1,200円が上限)
  • 入院
    医療費の1割相当額(月2,400円が上限)

一部負担金の軽減について

 助成対象者と配偶者・扶養義務者が住民税非課税で、かつ公的年金収入が80万円以下もしくは公的年金収入を加えた所得が80万円以下の場合、一部負担金がつぎのとおり軽減されます。

  • 外来
    医療機関ごとに一日につき400円まで、月2回まで
    (同一の医療機関での負担額は月800円が上限)
  • 入院
    医療費の1割相当額(月1,600円が上限)

県外の医療機関等を受診した場合

 県外の医療機関等を受診した場合は、高齢者の医療の確保に関する法律の一部負担金を一旦支払っていただき、後日上記の高齢重度障害者医療の一部負担金を控除した金額を、高齢重度障害者医療費助成制度申請時に登録していただいた口座に振り込みします。

このページの作成・発信部署
電話番号: 079-221-2303(総務担当)   ファクス番号:079-221-2946
Copyright(C) 2017 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地