介護保険の加入者

介護保険の加入者についてご案内しています。

加入者の種類

市内に居住する40歳以上の人は、姫路市が運営する介護保険の加入者(被保険者)となります。被保険者は、年齢によって第1号被保険者(65歳以上)と第2号被保険者(40歳以上65歳未満)に分けられます。

 

  • 第1号被保険者(65歳以上の人)

介護や日常生活の支援が必要になった場合には、原因を問わず市の認定を受け介護保険のサービスを利用できます。

 

  • 第2号被保険者(40歳以上65歳未満の医療保険加入者)

老化が原因とされる病気(※特定疾病)により、介護や日常生活の支援が必要になった場合に市の認定を受け、介護保険のサービスを利用できます。

 

特定疾病については、下記の関連情報をご覧ください。

介護保険への加入

介護保険に加入するのは、40歳になった月(40歳の誕生日の前日の属する月)からになります。(誕生日が月の初日の人は前月になります。)

同様に、第2号被保険者が第1号被保険者となるのも65歳になった月からになります。

加入等の手続は市または各医療保険者が行いますので、個別に手続をしていただく必要はありません。

住所地特例

介護保険は、原則として被保険者の住所地の市区町村が保険者となります。例外として、被保険者が、他市区町村の施設に入所・入居して、施設所在地に住所を変更した場合は、元の住所地(施設入所前)の市区町村が保険者となります。これは、施設所在地の市区町村に財政負担が偏ることを防ぐために設けられた制度です。市内の住所地特例対象施設は、以下のとおりです。

 

【住所地特例対象施設一覧】

特別養護老人ホーム

施設一覧(1)(PDF形式; 128KB)

老人保健施設

介護療養型医療施設

養護老人ホーム

ケアハウス

有料老人ホーム

施設一覧(2)(PDF形式; 204KB)

 

個別に手続きが必要な場合

65歳以上の人(第1号被保険者)は、次のようなときに届けが必要です。本人か世帯主が届け出ていただくことになります。手続きの詳細は下記をご覧ください。

  • 他の市区町村から転入したとき(前市区町村で要介護認定を受けられていた方のみ)。
  • 他の市区町村へ転出するとき。
  • 市内で住所が変わったとき。
  • 氏名が変わったとき。
  • 被保険者が死亡したとき。

 

手続きの方法

介護保険被保険者証(他の市区町村から転入された方で受給資格証明書をお持ちの方は受給資格証明書)を下記の受付窓口に郵送又は持参してください。ファクス、メールでは受け付けておりません。

 

(受付窓口)

姫路市介護保険課(資格・保険料担当)

〒670-8501

姫路市安田4丁目1番地(本庁舎2階)
電話番号:079-221-2445、2446
各地域事務所・支所・出張所・サービスセンター、駅前市役所でも受け付けています。
 

関連情報

  

資料の閲覧方法についてのご案内

このページに掲載されている資料の中には、別途、閲覧ソフトが必要になるものが含まれています。
閲覧ソフトをお持ちでない場合は、ダウンロードすることができます。
形式の表示 閲覧方法 閲覧ソフトダウンロード
PDF形式 アドビ社が提供する、Adobe ReaderまたはAdobe Acrobat Readerが必要です(無料) Adobe Reader
ワード形式 マイクロソフト社が提供する、Word Viewerが必要です(無料) Word Viewer
エクセル形式 マイクロソフト社が提供する、Excel Viewer が必要です(無料) Excel Viewer
このページの作成・発信部署
電話番号: 079-221-2923   ファクス番号:079-221-2444
Copyright(C) 2016 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地