小児慢性特定疾病医療支援事業のご案内

 児童の慢性疾病のうち、特定の疾病について、その治療にかかった費用(医療費から医療保険を除いた自己負担分)を公費により負担する制度です。

 小児期における特定の慢性疾病は長期間にわたり、かつ医療費も高額となることから負担軽減のために医療費の自己負担分の一部補助、その他福祉サービスを行います。また、医療意見書の情報を収集し、治療に役立てるための研究を実施致します。

 平成26年5月30日に児童福祉法が改正され、平成27年1月1日から新しい新しい小児慢性特定疾病の医療費助成制度が始まりました。
  

ご案内

対象者

厚生労働省告示により定める疾患(704疾病、各疾患には基準があります)にかかっている18歳未満の児童(引き続き治療が認められる場合には20歳未満まで)

各疾患の認定基準については、小児慢性特定疾病情報センターのホームページを御覧ください。

給付対象疾患区分

(01)悪性新生物  (02)慢性腎疾患  (03)慢性呼吸器疾患  (04)慢性心疾患  (05)内分泌疾患  (06)膠原病  

(07)糖尿病  (08)先天性代謝異常  (09)血液疾患  (10)免疫疾患  (11)神経・筋疾患  (12)慢性消化器疾患

(13)染色体又は遺伝子に変化を伴う症候群  (14)皮膚疾患群

新規申請

受診券の有効期間は申請書を保健所が受け付けた日から始まります。保健所受付日からが公費負担の開始日となりますので、申請手続きが遅れないように注意してください。

申請を希望される方は必ず手続前に保健所予防課(079-289-1635)までお問い合わせください。

申請手続きの詳細については 交付申請の説明書(PDF形式; 476KB)をご参照ください。

   ※ 平成28年7月1日から、マイナンバーの利用を開始します。

 小慢医療費助成の申請にマイナンバー(12桁の個人番号)の記載が必要になります。

 申請の際には、「個人番号が確認できる書類」及び「身元(申請者又は代理人)確認ができる書類」の提示が必要となります。 

  ※ 詳細はこちら(PDF形式; 208KB)をご確認ください 

審査・承認(または不承認)

保健所窓口に提出された申請書類に基づき審査し、承認または不承認を決定し、申請された方へ通知します。

医療受診券の交付

承認されたときは、「小児慢性特定疾病医療受給者証」をお送りします。お手元に届きましたら早めに受診されている医療機関の窓口へ提示してください。
受給者証には有効期間が記載されていますので、確認の上ご使用ください。有効期限を過ぎた日以降は自己負担となりますのであらかじめご承知ください。 

自己負担

他の公費負担医療との均衡という観点から低所得者に配慮した自己負担の導入を行っています。

また、 乳幼児医療受給者証、こども医療受給者証をお持ちの方の自己負担額を無料としています。  

 階層区分の基準
(医療保険上の世帯の所得により算定)
 患者負担割合:2割
 月額自己負担額(外来+入院+薬代+訪問看護)
一般   重症(※)

人工呼吸器等

 生活保護  ―  0  0  0
 低所得1  市町民税非課税(世帯)  収入80万円以下  1,250  1,250  500
 低所得2  収入80万円超  2,500  2,500
 一般所得1  市町民税 課税以上7.1万円未満  5,000  2,500 
 一般所得2  市町民税 7.1万円以上~25.1万円未満  10,000  5,000
 上位所得  市町民税25.1万円以上  15,000  10,000
 入院時の食費  1/2自己負担
自己負担割合等一覧

※重症患者基準に適合する方、高額な医療が長期に継続する方のいずれかが該当 

 

継続申請

対象年齢の範囲内の人で、受診券の有効期限後も引き続きこの制度の適用を受けようとする人は、継続申請の手続きをしてください。

関連書類 申請を希望される方は必ず手続前に保健所予防課(079-289-1635)までお問い合わせください。

 

 医療意見書については、 小児慢性特定疾病情報センターホームページ を御覧ください。

指定医療機関・指定医について

平成27年1月1日以降、小児慢性特定疾病医療受給者証が利用できる医療機関等(病院、診療所、薬局、訪問看護事業所)が、 姫路市など医療機関所在地の保健所設置市または都道府県が指定した「指定医療機関」に限定されることになりました。

また、新規申請時・更新申請時の医療意見書の記載は姫路市など保健所設置市または都道府県が指定した「指定医」に限定されることになりました。

指定小児慢性特定疾病医療機関一覧表 

 

小児慢性特定疾病指定医一覧表(PDF形式; 196KB)

 

 

指定医療機関申請 手引き・提出書類

 

指定医申請 手引き・提出書類

 

小児慢性特定疾患の福祉サービス

小児慢性特定疾患児日常生活用具給付事業

18品目の日常生活用具について給付しています。

対象者:小児慢性特定疾病医療受給者証をお持ちの方で、下記の対象者に該当する方

  ※他の制度が利用できる場合は対象となりません。 

費用:一部自己負担あり(基準額を超えた額+世帯の市民税及び所得税額に応じた額) 

 給付品目  対象者  基準額(円)

1

便器

常時介護を要する者

 4,810

2

特殊マット

寝たきりの状態にある者

 21,170

3

特殊便器

上肢機能に障害がある者

 163,300

4

特殊寝台

寝たきりの状態にある者

 166,320

5

歩行用支援用具

下肢が不自由な者

 64,800

6

入浴補助用具

入浴に介助を要する者

 97,200

7

特殊尿器

自力で排尿できない者

 72,360

8

体位変換器

寝たきりの状態にある者

 16,200

9

車いす

下肢が不自由な者

 76,030

10

頭部保護帽

発作時により頻繁に転倒する者

 13,130

11

電気式たん吸引器

呼吸機能に障害がある者

 60,910

12

クールベスト

体温調節が著しく難しい者

 21,600

13

紫外線カットクリーム

紫外線によりがんや神経障害を起こすことがある者

 40,820

14

吸入器

呼吸機能に障害がある者

 38,880

15

パルスオキシメーター

人工呼吸器の装着が必要な者

 170,100

16

ストーマ装具(蓄便袋)

人工肛門を造設した者

 111,460

17

ストーマ装具(蓄尿袋)

人工膀胱を造設した者

 146,450

18

人工鼻

人工呼吸の装着又は気管切開が必要なもの

 126,360

小児慢性特定疾患児日常生活用具給付一覧
 *申請をご希望の方は保健所予防課(289-1635)に必ずお問い合わせください。

資料の閲覧方法についてのご案内

このページに掲載されている資料の中には、別途、閲覧ソフトが必要になるものが含まれています。
閲覧ソフトをお持ちでない場合は、ダウンロードすることができます。
形式の表示 閲覧方法 閲覧ソフトダウンロード
PDF形式 アドビ社が提供する、Adobe ReaderまたはAdobe Acrobat Readerが必要です(無料) Adobe Reader
ワード形式 マイクロソフト社が提供する、Word Viewerが必要です(無料) Word Viewer
エクセル形式 マイクロソフト社が提供する、Excel Viewer が必要です(無料) Excel Viewer
このページの作成・発信部署
電話番号: 079-289-1635   ファクス番号:079-289-0210
Copyright(C) 2016 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地