脳脊髄液減少症について

脳脊髄液減少症について

 交通事故やスポーツ傷害等の後に、脳脊髄液が漏れ出し減少することによって、起立性頭痛(立位によって増強する頭痛)などの頭痛、頚部痛、めまい、倦怠感、不明、記憶傷害など様々な症状を呈する「脳脊髄液減少症」と呼ばれる疾患が起こりうるのではないかとの報告が一部の研究者からなされています。

 この疾患については、現在医学的な解明が進められている段階です。スポーツ外傷等を原因として起きるかどうかも含め、いまだ定まった診断基準や治療法が確立していません。このため、平成19年度から国において研究班を設置し、統一的な診断基準の確立と有効な治療法の研究が行われています。

 

関連通知:文部科学省通知(PDF形式; 75KB)

問い合わせ

 姫路市地域リハビリテーション支援センター(中央保健センター4階)  電話 079-289-1680

資料の閲覧方法についてのご案内

このページに掲載されている資料の中には、別途、閲覧ソフトが必要になるものが含まれています。
閲覧ソフトをお持ちでない場合は、ダウンロードすることができます。
形式の表示 無料閲覧ソフト  提供
PDF形式 Acrobat Reader アドビ社
ワード形式 Word Viewer マイクロソフト社
エクセル形式 Excel Viewer マイクロソフト社
資料の閲覧方法について
このページの作成・発信部署
〒670-8530   姫路市坂田町3番地  
電話番号: 079-289-1641   ファクス番号:079-289-0210
Copyright(C) 2016 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地