検索方法
 

医師・看護師免許などの各種申請

保健所では、医師や看護師などの免許申請を受け付けています。

提供情報

保健所で受け付ける免許の種類

医師、歯科医師、保健師、助産師、看護師、診療放射線技師、臨床検査技師、理学(作業)療法士、視能訓練士

 

准看護師の資格試験及び免許申請(新規・書換・再交付)窓口は関西広域連合です。詳しくは、関西広域連合ホームページをご確認ください。

関西広域連合ホームページ(資格試験・免許等)

 

申請について

新たに免許を取得する場合 、結婚などにより、氏名や本籍地(都道府県)を変更した場合、免許証を紛失された場合等に申請が必要になります。

申請場所について

申請は、原則として住所地を管轄する保健所で申請手続をします。保健師、助産師、看護師の書換え又は再交付については就業地を管轄する保健所で申請手続をします。

必要書類等について

種別 区分 必要書類 備考

医師    
歯科医師
保健師
助産師
看護師
診療放射線技師
臨床検査技師
理学療法士
作業療法士
視能訓練士

新規申請

申請書 収入印紙9,000円
医師・歯科医師は60,000円
診断書(医療機関発行) 発行日から1か月以内
戸籍抄本 発行日から6か月以内
登録済証明用はがき(ないときは、官製はがき)

62円切手貼付(速達の場合は62円+280円分の切手を貼付)

  • 表面に受取人住所・氏名、裏面に氏名を記入
  • 官製はがきの場合は、裏面空白
成年被後見人または被保佐人に該当しないことの証明書(医師・歯科医師のみ) 東京法務局後見登録課(電話03-5213-1360)で証明書の発行を受ける

籍訂正・

書換え交付申請

申請書 収入印紙1,000円
(外国人から日本人への変更による生年月日の変更は無料)
遅延理由書 変更が生じた日の翌日から起算して30日を経過したとき(様式は保健所に有)
戸籍抄本 発行日から6か月以内、経過の分かるもの
免許証 紛失した場合は、あわせて再交付申請もすること
再交付申請 申請書 収入印紙3,100円
再交付に関する調査および意見書 様式は保健所に有 
住民票(本籍地記載必要) 発行日から6か月以内
亡失の場合、遺失証明書 警察署発行(必ずしも必要はない)
き損の場合、き損免許証  
抹消申請 申請書   
遅延理由書

変更が生じた日の翌日から起算して30日を経過したとき(様式は保健所に有)

死亡診断書(原本)または戸籍抄本   
失踪宣言書(失踪の場合)   
免許証   

 

なお、外国人の方は戸籍抄本、住民票の代わりに次の書類の添付が必要となります。

区分 短期在留者 中長期在留者、特別永住者

新規申請

再交付申請

添付書類
  • 旅券その他の身分を証する書類の写し
  • 住民票
留意事項

【旅券】

  • 籍又は名簿の登録事項(国籍、氏名、生年月日、性別)が記載されているページの写しが必要です。
  • 英語以外で記載されている場合は日本語訳の添付が必要となります。(申請者作成のもので可)

原本確認を行いますので、原本の持参をお願いします。

【その他の身分を証する書類】

  • 国籍のある国の公的機関が発行した申請者の身分を証明できる書類で、登録事項(国籍、氏名、生年月日、性別)が記載されているもの。
  • 外国語で記載されている場合は、国籍のある国または外国公館の翻訳証明、公証役場の認証等を附した日本語訳又は行政書士、民間の翻訳業者等による翻訳証明の添付が必要です。

提出書類について、写ししか提出できない場合は原本確認を行いますので、原本の持参をお願いします。 

【住民票】

  • 発行の日から6か月以内のもの

籍訂正・

書換え交付申請

添付書類
  • 旅券その他の身分を証する書類の写し
  • 申請の事由を証する書類
  • 住民票
  • 申請の事由を証する書類
留意事項

【旅券その他の身分を証する書類】

  • 同上

【申請の事由を証する書類】

  • 国籍のある国の公的機関が発行した申請者の身分を証明できる書類で、訂正申請する登録事項(氏名、国籍等)の変更箇所を訂正する記述がされていることにより変更前の内容が確認できるもの。
  • 外国語で記載されている場合は、国籍のある国または外国公館の翻訳証明、公証役場の認証等を附した日本語訳又は行政書士、民間の翻訳業者等による翻訳証明の添付が必要です。

提出書類について、写ししか提出できない場合は原本確認を行いますので、原本の持参をお願いします。 

【住民票】

  • 同上

【申請の事由を証する書類】

  • 公的機関が発行した書類で、訂正申請する登録事項(氏名、国籍等)の変更前の内容が記載されているもの。
  • 具体的には、改正原住民票、住民票除票、婚姻受理証明書、廃止された外国人原票、国籍のある国における日本の戸籍、住民票、健康保険証、運転免許証等に相当する書類、その他の国籍のある国の公的機関が発行した書類で変更前の内容が確認できるもの。
  • 外国語で記載されている書類の場合は、国籍のある国又は外国公館の翻訳証明、公証役場の認証等を附した日本語訳又は行政書士、民間の翻訳業者等による翻訳証明の添付が必要です。
  • 住民票に申請についての変更の履歴が記載されている場合は「申請の事由を証する書類」とみなすことが可能です。

提出書類について、写ししか提出できない場合は原本確認を行いますので、原本の持参をお願いします。

 

国の免許申請において、籍(名簿)訂正申請に課される登録免許税が見直されました。

その他の国家免許の手続きについて

 その他の国家免許については、指定登録機関で手続きが必要となります。

種別 指定登録機関 
薬剤師 兵庫県健康福祉部健康局薬務課(電話078-341-7711)
歯科衛生士、歯科技工士 歯科医療振興財団(電話03-3262-3381)
あん摩、はり師、きゅう師 東洋療法研修試験財団(電話03-3431-8771)
柔道整復師 柔道整復研修試験財団(電話03-3280-9720)
言語聴覚士 医療研修推進財団(電話03-3501-6515)
臨床工学技師 厚生労働省医政局医事課試験免許室免許登録係
(電話03-5253-1111)
義肢装具士

受付時間・場所

保健所衛生課(中央保健センター3階)

月曜日から金曜日 午前8時35分~午後5時20分

休日・祝日、年末年始(12月29日~1月3日)にあたる場合は休みます。

このページの作成・発信部署
〒670-8530   姫路市坂田町3番地  
電話番号: 079-289-1633   ファクス番号:079-289-0210
Copyright(C) 2017 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地