検索方法
  • 防災
  • 消防・救急
  • 安全安心・消費生活
  • 戸籍・住民票・証明
  • 国民健康保険・後期高齢者医療保険・国民年金
  • 税金
  • 各種相談・人権
  • 市民活動・交流・男女共同参画
  • ごみ・リサイクル・美化
  • 花と緑・植物
  • 住まい・土地
  • 水道・下水道
  • 環境保全・自然環境
  • 子育て・保育
  • 教育・学校
  • 生涯学習・図書館
  • 姫路わくわくチャイルド
  • 国民健康保険・国民年金など
  • 健康・衛生
  • 福祉・介護
  • 福祉医療費・こども医療費助成制度
  • 休日・夜間の窓口案内
  • 観光・レジャー・スポーツ
  • 市内おでかけ施設情報
  • 文化・芸術
  • 文化財・歴史
  • 世界遺産姫路城マラソン
  • 姫路市Webマップで施設を探す
  • 姫路観光ナビひめのみち
  • 姫路市総合計画「ふるさと・ひめじプラン2020」
  • 地方創生
  • 連携中枢都市圏構想
  • 道路・河川・港湾・交通・公園
  • 開発・建築
  • 都市計画・まちづくり
  • 市政一般・広報・情報公開
  • 政策・財政・行政改革
  • 情報政策・IT
  • 監査・検査
  • 選挙・議会
  • 主な公共施設一覧

牛肝臓(牛レバー)に係る規格基準の設定について

牛肝臓に係る規格基準が設定され、平成24年7月1日より牛肝臓を生食用として提供することが禁止されました。

概要

  • 牛肝臓は、加熱用として販売すること。(生食用として販売してはならない。)
  • 直接一般消費者に販売することを目的に、牛の肝臓を使用して、食品を製造、加工又は調理する場合は、牛の肝臓の中心部の温度を63℃30分間以上(75℃1分間以上でも可)加熱するか、又はこれと同等以上の殺菌効果を有する方法で牛の肝臓を加熱殺菌すること。ただし、消費者が加熱調理することを前提として販売する場合を除く。
  • 牛肝臓を生の状態で販売する場合は、消費者が牛肝臓を中心部まで十分に加熱して飲食するよう、以下の事項を、食肉販売業者等は掲示等により、飲食店は掲示やメニューに記載するなどして情報提供を行うこと。

    1 加熱用である旨

    2 調理の際に中心部まで加熱する必要がある旨

    3 食中毒の危険性があるため生では食べられない旨等

  • 飲食店で消費者が自ら調理し、飲食する場合には、飲食店は消費者に対し加熱用設備を提供すること。
  • 飲食店は、消費者が牛肝臓を生で食べているのを目撃した際は、加熱して食べるよう注意喚起すること。

関連情報

このページの作成・発信部署
〒670-8530   姫路市坂田町3番地  
電話番号: 079-289-1633   ファクス番号:079-289-0210

姫路市公式アプリひめじプラス

姫路市公式フェイスブックページ

姫路市公式インスタグラム

姫路動画チャンネル

Copyright(C) 2019 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地