検索の多いキーワード



検索方法
 

未熟児養育医療給付事業

 未熟児で生まれ、指定養育医療機関において医師が入院して養育を受ける必要があると認め、姫路市で承認された場合に、入院医療費(保険診療分)および入院時食事療養費を公費負担する制度です(通院治療は認められません)。

ご案内

給付対象

 給付対象は、医師が入院養育を必要と認めた未熟児で、次のいずれかの症状等を有している場合をいいます。

 1.出生時の体重が2,000g以下の児 

 2.生活力が特に薄弱であって次に掲げる症状のいずれかを示す児

  • 運動不安・けいれん、
  • 体温が摂氏34度以下
  • 呼吸器・循環器の症状(強度のチアノーゼ・呼吸数の異常など)
  • 消化器の症状(排便がない・嘔吐が持続など)
  • 強い黄疸 

など

給付内容

 指定医療機関の入院時医療費(保険診療分)および食事療養費を公費で負担します。(通院治療は認められません)

 

申請方法

 生まれた日から15日以内に次の(1)~(6)を保健所健康課に提出してください。

 15日を過ぎると、受付日からの給付開始となりますので注意してください。

(1)養育医療給付申請書

保健所、保健センターに取りに来てください(保護者が記入) 

(2)養育医療意見書 保健所、保健センターに取りに来てください(担当医師が記入)

(3)世帯調書

保健所、保健センターに取りに来てください(保護者が記入)
(4)納税関係証明書

同一世帯における所得のある人全員分が必要です(扶養対象になっている人の分は不要です)

  • 源泉徴収票または確定申告の写し(課税額が「0」の人は、市民税・県民税(所得・課税)証明書)
(5)健康保険証 お子さんの保険証ができていない場合は、保護者の保険証
(6)印鑑  

 

審査・承認(または不承認)

 保健所窓口に提出された申請書類(医師の意見書を含む)に基づき審査し、承認または不承認を決定し、申請された人へ通知します。

 

養育医療券の発行

 承認されたときは、「養育医療券」をお送りします。お手元に届きましたら早めに入院されている医療機関の窓口に提出してください。医療券には有効期限が記載されていますので、確認のうえお使いください。

 

養育医療券の有効期間

 指定医療機関での入院による診療開始日から診療終了日までですが、満1歳の誕生日の前日までが限度です。

 

姫路市内の指定養育医療機関

  • 独立行政法人国立病院機構 姫路医療センター
  • 姫路赤十字病院
  • 姫路聖マリア病院
  • 製鉄記念広畑病院
このページの作成・発信部署
〒670-8530   姫路市坂田町3番地  
電話番号: 079-289-1641   ファクス番号:079-289-0210
Copyright(C) 2017 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地