検索の多いキーワード



検索方法
 

日本脳炎予防接種の実施について

※日本脳炎1期・2期未接種者の経過措置のお知らせ

 平成17年5月から平成21年3月31日までの差し控え期間中に接種機会を逃した方が、接種対象年齢を超えて接種できるようになりました。詳細は下記をご確認ください。

 

(1)日本脳炎予防接種の受け方

 種類 標準的な接種年齢(接種可能な年齢)  受け方
 日本脳炎  1期初回  3歳(生後6か月~90か月未満)  6日~28日までの間隔をあけて2回接種
 1期追加  4歳(生後6か月~90か月未満)  1期初回の2回目から約1年後に1回接種
 2期  9歳(9歳~13歳未満)

 1回接種

(2)差し控えによる日本脳炎未接種者(4回接種できなかった者)の受け方(平成23年5月20日より)

 接種対象者:平成7(1995)年4月2日~平成19(2007)年4月1日生まれの方で20歳未満の方。
日本脳炎の接種 受け方   
 1期を一度も受けていない場合     通常の接種方法で1期・2期ともに接種 *注1  
 1期が途中の場合

   1期の残り分を接種したのち2期を接種(それぞれの接種間隔は7日以上空けること。) *注1 

 2期を受けていない(1期は3回接種済)    2期を接種 *注1
*注1:2期は、9歳になった日以降に接種してください。

 

接種場所

 実施医療機関はこちらをご参照ください。

 

※医療機関ごとに診察時間、接種日時が違いますので、予防接種に行く前に必ず医療機関へお問い合わせください。

 

持参するもの

  1. 母子健康手帳
  2. 予防接種予診票(予防接種券(シール)を貼った物)
 *予防接種予診票がない場合は、保健所予防課へお問い合わせください。

 

日本脳炎の情報

日本脳炎1期・2期の再開について

 日本脳炎は平成17年5月より差し控えを行っておりましたが、現在は通常通り接種できるようになっています。

 *日本脳炎1期

  平成22年4月1日から新ワクチンによる接種が再開となりました。

 *日本脳炎2期

  平成22年8月27日より新ワクチンによる接種が再開となりました。

 

日本脳炎3期の廃止について

  予防接種法の一部改正により、平成17年7月29日より、日本脳炎3期予防接種は、廃止となりました。
 これまでは、日本脳炎3期は、日本脳炎予防接種の最終免疫獲得として、中学3年で接種するのが標準的とされてきましたが、日本脳炎の発生状況等から、3期の接種の必要性は薄いとの判断がなされました。

 

国内の日本脳炎の流行について

  日本脳炎の感染源はウイルスを媒介する蚊ですが、媒介蚊に刺されたからといって必ずしも発病するものではなく、わが国では患者数は著しく減少し、現在は中高齢者中心に年間数人発病しているのみです。
 

日本脳炎の流行地域へ渡航する場合などの接種について

  日本脳炎の流行地域(朝鮮半島、台湾、中国、ベトナムなど)に渡航する場合や、日本脳炎に感染するおそれが高いと考えられる場合には、かかりつけ医とよく相談のうえ、接種を受けるか決めてください。
 なお、接種される場合には、保護者の責任において実施することになりますが、日本脳炎1期、2期については、接種対象年齢内での接種は無料(公費)で受けることができます。

 

厚生労働省による情報提供

詳しくは下記の厚生労働省ホームページを参照してください。

このページの作成・発信部署
〒670-8530   姫路市坂田町3番地  
電話番号: 079-289-1635   ファクス番号:079-289-0210
Copyright(C) 2017 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地