姫路市ホームページ

  • 市民のみなさまへ
  • 訪問・観光されるみなさまへ
  • 事業者のみなさまへ

スタートページに設定

ホーム > 観光交流推進室 > 姫路城・好古園の観光情報 > 姫路城大天守保存修理期間中の観光について

姫路城大天守保存修理期間中の観光について

姫路城大天守修理見学施設「天空の白鷺」(てんくうのしらさぎ)は、おかげ様で多くのご来場をもちまして閉館しました。

現在、姫路城大天守は周囲を覆う素屋根の解体工事を行っております。 工事の状況・予定は下記の関連情報をご覧ください。

現在、ご覧いただける特別展等をご案内します。  

官兵衛の歴史館による特別展示

平成26年1月1日から、姫路城内「リの一渡櫓」を「官兵衛の歴史館」として、黒田官兵衛にまつわる資料やジオラマ等を特別に展示しています。
詳しくは下記の関連情報をご覧ください。 

鯱瓦の公開展示について

6月8日に大天守大棟から降ろした鯱瓦を7月16日から当分の間、特別公開中のリの一渡櫓に展示します。

展示場所は現在展示中の江戸時代、明治時代の鯱瓦の隣に展示します。

詳しくは下記の関連情報をご覧ください。 

姫路城大天守保存修理事業への寄附金を募集しています。(平成の「姥が石」愛城募金)

昭和の大修理から45年が経過し、近年、漆喰や瓦などの傷みが目立つ大天守の保存修理工事を平成21年10月に開始しました。修理にあたっては「愛城」意識をお持ちの多くの皆様方のご支援をお願いいたします。

皆様からの寄附金は、大天守保存修理工事に活用させていただきます。

募集期間は、平成21年4月6日(しろの日)~事業終了時(平成26年度末)です。

 詳しくは下記の関連情報をご覧ください。

第5回産業観光まちづくり大賞 金賞受賞

産業観光まちづくり大賞とは、観光による地域振興の新しい手法として注目されている「産業観光」による観光まちづくりを実践し、他の地域の模範となる優れた事例を表彰する制度です。

本市は、主催者である全国産業観光推進協議会(社団法人日本観光振興協会)から、世界遺産姫路城の修理を、逆転の発想で新たな観光資源とし、修理の現場や匠の技に触れていただく今回の取り組みを評価していただき、「産業観光まちづくり大賞」の最高賞である金賞に選ばれました。

関連情報

 
このページの作成・発信部署
〒670-0012   姫路市本町68番地  
電話番号: 079-287-3652   ファクス番号:079-287-3657
Copyright(C) 1997-2013 Himeji City. All right Reserved.
当サイトは、実在性の証明とプライバシー保護のため、第三者機関によるSSLサーバ証明書を使用した、128ビットSSL暗号化通信に対応しています。