検索方法
 

都市計画のしくみ

都市計画の関係法令、決定手続き、種類、決定権者についてご説明します。

都市計画の意義

日本の都市は、近世、城下町を中心に発達してきたものが多く、現在、中核都市、中心都市といわれる都市は、一部の門前町や港町等を除き、ほとんどそうした性格を持っています。
これらの都市では現在でもその名を町名に留めているように、寺町、坊主町、鍛冶町といった土地利用の規制がありました。
明治以降の近代化の中で、都市には様々な機能が集積してきました。
商工業等の活動に必要な交通手段、市場、流通、金融等の各種機能が発達し、行政、教育等の利便や文化の享受が可能となり、このことは更に都市への人口、産業の集中をもたらしました。このような都市への人口、産業の集中と、都市の成長、発展を適切にコントロ-ルするために、土地利用の規制、誘導や施設の整備等を含む総合的、広域的な計画の必要が生じてきました。
従って都市計画とは、都市の発展を計画的に誘導し、秩序ある市街地を形成し、市民の健康で文化的な生活と機能的な活動を確保することを目的として、土地の合理的な利用を図る計画であり、土地利用、都市施設、市街地開発事業等の計画を内容とし、これらの目的を効果的に実現するためのもの、であるといえます。

都市計画の役割

都市計画は、その目的を実現するために、

  • 都市計画を策定することにより、都市地域における一体的な土地利用計画を策定すること
  • 規制と誘導を通じて計画的な土地利用を図ること
  • 都市施設用地を確保するとともに都市計画事業の円滑な推進を図ること

を役割としています。

項目

都市計画の沿革

都市計画の沿革についてご説明します。

都市計画の関係法令体系

都市計画の関係法令の体系についてご説明します。

都市計画の決定手続き

都市計画の決定手続きの流れについてご説明します。

都市計画の種類

都市計画の種類を一覧表でご説明します。

都市計画の決定権者

都市計画を定める者については、都市計画法第15条で、都道府県が定める都市計画と市町村が定める都市計画があります。
都市計画は都市行政上の基礎的な単位である市町村が主体的に定めるものでありますが、一方では、都市の広域化に対処して、国または都道府県からの広域的調整の必要性もあります。
このページの作成・発信部署
電話番号: 079-221-2534   ファクス番号:079-221-2757
Copyright(C) 2017 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地