検索方法
  • 防災
  • 消防・救急
  • 安全安心・消費生活
  • 戸籍・住民票・証明
  • 国民健康保険・後期高齢者医療保険・国民年金
  • 税金
  • 各種相談・人権
  • 市民活動・交流・男女共同参画
  • ごみ・リサイクル・美化
  • 花と緑・植物
  • 住まい・土地
  • 水道・下水道
  • 環境保全・自然環境
  • 子育て・保育
  • 教育・学校
  • 生涯学習・図書館
  • 姫路わくわくチャイルド
  • 国民健康保険・国民年金など
  • 健康・衛生
  • 福祉・介護
  • 福祉医療費・こども医療費助成制度
  • 休日・夜間の窓口案内
  • 観光・レジャー・スポーツ
  • 市内おでかけ施設情報
  • 文化・芸術
  • 文化財・歴史
  • 世界遺産姫路城マラソン
  • 姫路市Webマップで施設を探す
  • 姫路観光ナビひめのみち
  • 姫路市総合計画「ふるさと・ひめじプラン2020」
  • 地方創生
  • 連携中枢都市圏構想
  • 道路・河川・港湾・交通・公園
  • 開発・建築
  • 都市計画・まちづくり
  • 市政一般・広報・情報公開
  • 政策・財政・行政改革
  • 情報政策・IT
  • 監査・検査
  • 選挙・議会
  • 主な公共施設一覧
ホーム > 各課HPフォルダ(都市整備系) > 建築指導課 > 危険なブロック塀等の撤去費を補助します 

危険なブロック塀等の撤去費を補助します 

平成31年度事業の申請の受付を開始しました。

 

姫路市では、大阪府北部地震においてブロック塀が倒壊し、通行者が亡くなられる被害が発生したことを受けて、地震等の自然災害や老朽化に伴うブロック塀等の倒壊による被害の軽減を図るため、危険ブロック塀等(コンクリートブロック造、れんが造、石造その他の組積造の塀)の撤去工事費用の一部を助成する制度を創設しました。

条件など詳しくは建築指導課までお問い合わせを頂くか次の要綱をご覧ください。(平成31年4月9日更新)

 

事業の概要

対象となるブロック塀等

次の01.と02.のどちらにも当てはまるブロック塀等が対象です。

  1. 市内の個人が所有する住宅(過半が住宅以外の用途又は賃貸のものを除く)に付属するもので、各市立小学校が定める通学路※に面するもの 又は 兵庫県及び姫路市で設置認可等を行っている幼稚園、認定こども園、保育所及び社会福祉施設に付属するもの
  2. 塀の高さが60センチメートル以上のもので、次の表のブロック塀等点検表に適合しない項目があるもの

通学路の範囲については校区の小学校又は教育委員会健康教育課(079-221-2770)までお問い合わせ下さい。


 
項目 点検内容
塀の高さ 地盤から2.2メートル以下である。
塀の厚さ 高さ2メートルを超える塀で15センチメートル以上である又は高さ2メートル以下の塀で10センチメートル以上である。
控壁 塀の高さが1.2メートル超の場合、塀の長さ3.4メートル以下ごとに、塀の高さの5分の1以上突出した控壁がある。
基礎 コンクリートの基礎がある。
傾き、ひび割れ等 塀に傾きやひび割れがない。人の力でぐらつかない。
ブロック塀点検表(補強コンクリートブロック造の塀の基準)

 

上記の全ての項目において基準を満たす場合は、次の項目を図面等で確認する

項目 点検内容
鉄筋 (塀の壁内)
直径9ミリメートル以上の鉄筋が、縦横とも80センチメートル以下の間隔で配筋されており、縦筋の末端は壁頂部及び基礎の横筋に、横筋は縦筋にそれぞれかぎ掛けがされている。
(控壁の壁内)
直径9ミリメートル以上の鉄筋が配筋されている。
基礎 塀の高さが1.2メートル超の場合、基礎の丈が35センチメートル以上、根入れ深さが30センチメートル以上ある。
 

 

項目 点検内容
塀の高さ 地盤から1.2メートル以下である。
塀の厚さ 各部分の厚さがその部分から壁頂までの垂直距離の10分の1以上ある。
控壁 塀の長さ4メートル以下ごとに塀の厚さの1.5倍以上突出した控壁がある又は壁の厚さが必要寸法の1.5倍以上ある。
基礎 コンクリートの基礎がある。
傾き、ひび割れ等 塀に傾きやひび割れがない。人の力でぐらつかない。
ブロック塀点検表(組積造の塀の基準(補強コンクリートブロック造の塀を除く))

 

上記の全ての項目において基準を満たす場合は、次の項目を図面等で確認する 

項目 点検内容
基礎 根入れ深さが20センチメートル以上ある。

対象となる工事

次の01.から04.のすべてに当てはまる撤去工事が対象です。

  1. 請負契約に基づく工事であるもの
  2. 同一敷地内における補助対象ブロック塀等はすべて塀の高さ60センチメートル未満まで撤去するもの
  3. 建築基準法第42条第2項に規定する道路内にあるブロック塀等については、その全部を道路の地盤面まで撤去するもの
  4. 当該工事に対して、国、地方公共団体等から他の補助金等の交付を受けていないもの

 

 補助対象者

 次の01.から03.のすべてに当てはまる方が対象です。

  1. 補助対象ブロック塀等の所有者
  2. 過去に同一の敷地で本事業の補助金の交付を受けていない者
  3. 姫路市暴力団排除条例に定める暴力団及び暴力団員でない者

 

 補助対象経費 

ブロック塀等の撤去工事に要する経費は、撤去費、廃棄物運搬費、処分費、仮設費及び諸経費となります。

門扉、門柱の撤去費用や撤去後にフェンスや塀などを新たに設置する費用は補助の対象外となります。また、個人住宅については通学路に面していないブロック塀等の撤去費用も対象外となります。

補助対象外の工事を一緒に行う場合は、見積もり明細を対象・対象外で分けて作成して下さい。 

 

 補助金の額 

補助金の額は、次表の各補助対象の(1)から(3)のいずれかで一番少ない額となります。

補助対象 (1)補助率(千円未満切り捨て) (2)工事費限度額 (3)補助限度額
個人住宅 補助対象経費の3分の2 撤去するブロック塀等の見付面積 1平方メートル当たり1万円 20万円
幼稚園・認定こども園・保育所等 補助対象経費の3分の2 撤去するブロック塀等の見付面積 1平方メートル当たり1万円 90万円
社会福祉施設等 補助対象経費の3分の2 撤去するブロック塀等の見付面積 1平方メートル当たり1万円 160万円

 

 交付申請必要書類・様式

交付申請に必要となる書類は次のとおりです。 (申請には正・副の2部必要となります) 

  • 補助金交付申請書(様式第1号)
  • ブロック塀等撤去工事概要書(様式第2号)
  • ブロック塀等点検表(様式第3号)
  • 付近見取図
  • 現況概略図(撤去するブロック塀等の寸法が明記された配置図等)
  • 現況写真(ブロック塀等の全景、高さ及び点検表の不適合部分が判別できるもの)
  • 撤去工事の見積書の写し(補助対象経費の明細が明記されたもの)
  • ブロック塀の所有者であることが分かる書類(建築物の登記事項証明書、固定資産税納税通知書など)
  • 暴力団排除に関する誓約書
  • 補助金交付に係る誓約書(様式第4号)
  • 相手方登録申出書 
  • 委任状(申請者以外の方が窓口に申請する場合)
  • 同意書(所有者が複数いる場合)
  • 決議書(共同住宅等で必要な場合)

 

各書類のダウンロードはこちらから。  

 

 申請から補助金交付までの流れ

手続きの流れ

申請受付期間(平成31年度)

平成31年4月1日より12月27日まで 

申請は姫路市役所5階 建築指導課まで

留意事項

補助を受けるには着手前に申請が必要です。工事契約は交付決定通知後となります。

工事完了後、実績報告書を提出していただく必要があります。 なお報告期限は工事完了後30日又は当該年度の2月末日のいずれか早い日となります。

 

お問い合わせ

姫路市建築指導課 防災・耐震担当

電話 079-221-2547

ファクス 079-221-2548 

 

このページの作成・発信部署
電話番号: 079-221-2579   ファクス番号:079-221-2548

姫路市公式アプリひめじプラス

姫路市公式フェイスブックページ

姫路市公式インスタグラム

姫路動画チャンネル

Copyright(C) 2019 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地