姫路市ホームページ

  • 市民のみなさまへ
  • 訪問・観光されるみなさまへ
  • 事業者のみなさまへ

スタートページに設定

ホーム > 建築指導課 > 市民のための建築ガイド > 建築基準法上の道路の種別(一覧)

建築基準法上の道路の種別(一覧)

建築基準法上の道路の種別について、ご説明しています。

内容

 建築基準法上の「道路」とは、建築基準法第42条に規定されており、次の道路が該当します。
 なお、これらの道路に接しない敷地の場合、建築物を建築することはできません。

 ただし、敷地の周囲に広い空地等を有する建築物で、特定行政庁が安全上支障がないと認め、建築審査会の同意を得て許可したものを除きます。

 

道路幅員が4m以上の場合

 道路幅員が4m以上の場合、建築基準法では下記の5種類に分類されます。

 

建築基準法による道路の種別・名称 道路幅員 建築基準法上の種別・呼称

1

道路法による道路(国道、県道、市道等) 4m以上

法第42条第1項第1号
(1項1号道路)

2 土地区画整理法、都市計画法その他の法令による道路(開発道路等) 4m以上

法第42条第1項第2号
(1項2号道路)

3 建築基準法第3章の規定が適用されるに至った際、現に存在する道路 4m以上

法第42条第1項第3号
(1項3号道路)

4 道路法、都市計画法その他の法令による事業計画のある道路で、特定行政庁が指定した道路 4m以上

法第42条第1項第4号
(1項4号道路)

5 土地所有者等が築造し、特定行政庁からその位置の指定を受けた道路(位置指定道路) 4m以上

法第42条第1項第5号
(1項5号道路)


注1)市道認定名は、本庁6階の建設総務課(電話221-2614)でご確認ください。
注2)3~5欄に該当する道路については、建築指導課の道路判定地図・道路判定書類にてご確認ください。
注3)「扱いの不明確な道路(未判定道路)」については、道路調査依頼が必要な場合があります。
 

道路幅員が4m未満の場合

 道路幅員が4m未満の場合であっても、下記の道については建築基準法の道路になります。

 

建築基準法による道路の種別・名称 道路幅員 建築基準法上の種別・呼称
1 建築基準法第3章の規定が適用されるに至った際、現に建築物が建ち並んでいる道路で、特定行政庁が指定した道路(みなし道路)
(昭和46年4月1日姫路市告示25号指定済)
4m未満

法第42条第2項
(2項道路)

 

注1)上記の道路については、建築指導課の道路判定地図・道路判定書類にてご確認ください。

注2)原則として、道路の中心線から2m後退した線(がけ、川、線路敷地等除く)が道路境界線とみなされます。
注3)「扱いの不明確な道路(未判定道路)」については、道路調査依頼が必要な場合があります。
注4)1欄に該当する道路で、姫路市道に認定されている道路については別途、安心・安全生活道路整備要綱に基づく事前協議書の提出が必要になりますので、下記の関連情報にある「生活道路の拡幅整備のご案内」ページをご覧ください。

 

指定道路について

 指定道路とは、建築基準法第42条第1項第四号若しくは第五号、第2項若しくは第4項又は法第68条の7第1項の規定により特定行政庁が指定した道路を言います。

 

指定道路調査概要(夢前町・安富町)

 

このページの作成・発信部署
電話番号: 079-221-2579   ファクス番号:079-221-2548
Copyright(C) 1997-2013 Himeji City. All right Reserved.
当サイトは、実在性の証明とプライバシー保護のため、第三者機関によるSSLサーバ証明書を使用した、128ビットSSL暗号化通信に対応しています。