検索の多いキーワード



検索方法
 

建築基準法に関する手続きの概要

 建築確認申請・検査に関する手続きの概要をご案内しています。

概要

建築確認申請

 建物を建築する場合は、事前に建物の計画が建築基準法や建築基準法に関係する法令に適合しているか確認を受ける必要があります。

 確認申請書を提出し、法令に適合していれば確認済証が交付されます。

 確認済証が交付されるまでは、工事に取り掛かることが出来ません。

 中間検査対象建築物の見直しに伴い、姫路市建築基準法施行細則を改正し、確認申請書に以下の書類を添付していただくこととします。(平成22年7月1日より実施します。)

 現場での検査を円滑に進めるための措置ですので、ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

  (1)筋かいの位置及び種類並びに通し柱の位置を明示した図書

  (2)土台、柱、はり、筋かいその他これらに類する部材及びそれらの接合方法を明示した図書

  (3)建築基準法施行令第46条第4項に規定する基準に従った構造計算の計算書

 

・昇降機の確認申請について

姫路市において、平成28年5月1日より法第87条の2に基づく昇降機の確認申請についての取扱いは以下のとおりとなります。

法第87 条の2に基づく昇降機の確認申請の手続きについて(PDF形式; 97KB)

 

 構造計算適合性判定対象の取扱いについて(平成27年6月1日施行) 

 平成2761日施行の改正建築基準法において、比較的簡易である許容応力度等計算(ルート2)については、国土交通省令で定める要件を満たす主事等が確認を行う場合、構造計算適合性判定の対象外となります。

 ただし、姫路市建築主事に確認申請を行う場合、これに該当する主事を置かないため、これまで通りルート2についても構造計算適合性判定の対象となります。(特定増改築構造計算基準についても同様)。  

 なお、建築主は、確認申請とは別に指定構造計算適合性判定機関等に直接申請することになります。

 

中間検査 

 建築物の構造、用途又は規模によって、工事の途中で中間検査を受ける必要があります。

 中間検査を受けなければ、その後の工事に取り掛かることは出来ません。

 中間検査について、詳しくは以下の建築基準法上の中間検査についてのページをご覧ください。

 

完了検査

 建物の工事が完了した場合は、完了後に建物が建築基準法や建築基準法に関係する法令に適合しているか検査を受ける必要があります。

 完了検査申請書を提出し、法令に適合していれば完了検査済証が交付されます。

 

指定確認検査機関

 建築確認、中間検査、完了検査は、国土交通大臣や兵庫県知事が指定した民間の確認機関(指定確認検査機関)にも申請することが出来ます。

 指定確認検査機関について、詳しくは以下の建築確認の指定確認検査機関のページをご覧ください。

 

申請書の提出先

 電子メールやホームページ上からの届出は出来ません。
 届出先は以下のとおりです。

 

(届出先)

 姫路市役所建築指導課 審査・監察担当
 〒670-8501
 姫路市安田4丁目1番地(本庁舎5階)
 電話番号079-221-2546

 

 

このページの作成・発信部署
電話番号: 079-221-2579   ファクス番号:079-221-2548
Copyright(C) 2017 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地