検索方法
 

垣内津市場土地区画整理事業

垣内津市場土地区画整理事業の概要についてご説明します。

垣内津市場地区航空写真

整備の目標

垣内津市場地区位置図 

 本地区は、姫路市の中心地JR山陽本線姫路駅より南西約10キロメートル、山陽電鉄網干駅から北西へ約0.2~1.3キロメートルに位置し、地区の約45%が徒歩駅勢圏に含まれています。

 土地利用としては、山陽電鉄網干駅に隣接し、交通の利便性に優れていることから、臨海部の企業の後背住宅地として発展してきましたが、公共施設等の整備が不十分であるため有効な土地利用がなされず、無秩序な市街化が進行しつつあります。

 本事業では、都市計画道路3路線を整備するほか、区画道路、街区公園、水路をはじめとする公共施設の整備を行います。

 また、本地区においては、周辺地域との調和を考慮した、中低層住宅地を中心とする良好な環境の土地利用を促進し、健全な市街地形成を図ることを目的としています。

事業概要

垣内津市場設計図

施行者

姫路市垣内津市場土地区画整理組合

施行区域

姫路市網干区垣内西町の一部

姫路市網干区垣内本町の一部

姫路市網干区垣内南町の一部

姫路市網干区津市場字馬場先、字深田、字遠ヶ坪、字市場前、字村東及び字咽ヶ瀬の各一部

姫路市網干区余子浜字五反田の一部

面積

28.1ヘクタール

減歩率

30.61%(公共24.56%)

施行期間

平成7年度~平成30年度

総事業費

5,238,000,000円
基本事業費

2,873,000,000円

整備される主な公共施設

都市計画道路

  龍野線  (幅員18メートル,延長1,044メートル)

  天満線  (幅員16メートル,延長   39メートル)

  揖保川線 (幅員12メートル,延長  110メートル)

区画道路

79路線,延長 7,205メートル

特殊道路

4路線,延長    91メートル

公園

4カ所,総面積 8,510平方メートル

 

関連する他事業

  • 公園整備事業(平成16年度~平成27年度)
  • 姫路市公共下水道事業(平成10年度~平成26年度)

事業の経緯

都市計画決定

平成7年3月17日

事業計画決定

平成7年9月1日

仮換地指定(当初)

平成9年9月5日

地区のスポット

 本地区の特色の1つは、区域内の魚吹八幡神社の「お旅所」と呼ばれる広場が含まれていることです。姫路市無形民俗文化財である秋季大会は、地元25自治会、面積約17キロ平方メートル、人口約4万人という規模で、例年10月下旬に開催されます。そのお祭りでは、各地区の堤燈、屋台、檀尻を従えて、このお旅所に神様が渡御され、一夜駐泊されます。

 お泊まりになるのが「渡神殿」と「金幣殿」です。そのとき、お旅所は、まさに「お祭の中心地」となります。

 本事業による整備が完了しますと、設定された267平方メートルの保留地と合わせて、周囲が道路に囲まれた南北約75メートル、東西約38メートル、面積約2,850平方メートルの1街区すべてが魚吹八幡神社のお旅所として完成します。

 

お旅所全景

お旅所全景 

 

 

お旅所の渡神殿(手前)、金幣殿(奥) 

お旅所

このページの作成・発信部署
電話番号: 079-221-2552   ファクス番号:079-221-2739
Copyright(C) 2017 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地