検索方法
  • 防災
  • 消防・救急
  • 安全安心・消費生活
  • 戸籍・住民票・証明
  • 国民健康保険・後期高齢者医療保険・国民年金
  • 税金
  • 各種相談・人権
  • 市民活動・交流・男女共同参画
  • ごみ・リサイクル・美化
  • 花と緑・植物
  • 住まい・土地
  • 水道・下水道
  • 環境保全・自然環境
  • 子育て・保育
  • 教育・学校
  • 生涯学習・図書館
  • 姫路わくわくチャイルド
  • 国民健康保険・国民年金など
  • 健康・衛生
  • 福祉・介護
  • 福祉医療費・こども医療費助成制度
  • 休日・夜間の窓口案内
  • 観光・レジャー・スポーツ
  • 市内おでかけ施設情報
  • 文化・芸術
  • 文化財・歴史
  • 世界遺産姫路城マラソン
  • 姫路市Webマップで施設を探す
  • 姫路観光ナビひめのみち
  • 姫路市総合計画「ふるさと・ひめじプラン2020」
  • 地方創生
  • 連携中枢都市圏構想
  • 道路・河川・港湾・交通・公園
  • 開発・建築
  • 都市計画・まちづくり
  • 市政一般・広報・情報公開
  • 政策・財政・行政改革
  • 情報政策・IT
  • 監査・検査
  • 選挙・議会
  • 主な公共施設一覧
ホーム > 各課HPフォルダ(都市整備系) > 文化コンベンション施設整備室 > 姫路市文化コンベンションセンターについて

姫路市文化コンベンションセンターについて

文化コンベンション施設整備事業に関する情報を掲載しています。

 

平成30年11月2日更新

 

事業の趣旨・目的

センター正面イメージ(JPEG画像; 138KB) 

 

キャスティ21イベントゾーンの文化・コンベンションエリアでは、播磨の連携中枢都市にふさわしい交流の拠点施設として、文化芸術の拠点としての機能と、「ものづくり力の強化」「地域ブランドの育成」「交流人口の増加」を促進する機能をあわせた『姫路市文化コンベンションセンター』を整備します。

これにより、本市の魅力を内外に発信し、都市の発展に寄与するとともに、中心市街地の賑わいに大きな役割を果たすことが期待されます。

 

位置図

文化コンベンション施設 位置図

 位置  JR姫路駅の東約700メートル
 面積  約3.6ヘクタール
 用途地域  近隣商業地域
 容積率  300%
 建ぺい率  80%
 周辺道路

 北:十二所前線(幅員20メートル)

 西:下寺町線(幅員16メートル)

 南:区画道路(幅員10メートル) 

  

配置図

配置図(JPEG画像; 180KB) 

 

 

センターの概要

規模と機能の異なる大・中・小のホールとともに、スタジオスペース等を設けます。

また、 大規模な平土間空間を持つ多目的な展示場と、様々な用途に対応できる会議施設を設けます。

 敷地面積  36,423平方メートル
 延べ床面積  27,686平方メートル
 階数  地下1階、地上5階、棟屋1階
 構造  鉄骨造 一部鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
 ホール  大ホール(約2,000席)、中ホール(約700席)、小ホール(約180席)、メインスタジオ(リハーサル室)
 スタジオ  計6室 うち約160平方メートル(1室)、 約70平方メートル(2室)、約17平方メートル(3室)
 展示場  屋内(約4,000平方メートル 3分割可)、にぎわい広場(屋外 約1,600平方メートル)
 会議室  多目的ホール(1室利用時は約690平方メートル、3分割可)、約80平方メートル(5室)、約35平方メートル(2室)
 駐車場等  平面駐車場(約400台)、駐輪場(約100台)

詳細については、以下の資料をご覧ください。

 

 

大ホール 

播磨圏域初となる、約2,000席の大規模ホールです。

播磨の文化芸術の拠点として、国内外のクラシックやポピュラーコンサート、吹奏楽コンクールなどの音楽公演や舞台芸術、講演会など、多様なジャンルの催事に対応しています。

客席は3層バルコニー形式で、舞台までの距離を感じさせない、臨場感あふれる鑑賞空間を生み出します。

アコースティックでの演奏時は、音響反射板をセットすることで、豊かな音の拡がりと残響を確保しています。

また、車椅子席(最大44席)や多目的鑑賞室を配置しており、ユニバーサルデザインに配慮しています。
 

音響反射板有り

大ホール 音響反射板有り(JPEG画像; 125KB)

 

 音響反射板無し

大ホール 音響反射板無し(JPEG画像; 115KB)

中ホール 

約700席の客席が扇形に拡がる、使いやすく鑑賞しやすいホールです。

演劇公演や室内楽、ポップスなどの音楽公演、各種式典、講演など、様々なジャンルの催事に対応しています。

音響反射板を備え、また車椅子席(最大22席)や多目的鑑賞室を配置しており、高い音響性能を持つほか、ユニバーサルデザインに配慮したホールになっています。

 

音響反射板有り

中ホール 音響反射板有り(JPEG画像; 108KB)

 

音響反射板無し

中ホール 音響反射板無し(JPEG画像; 96KB)

小ホール

気軽に利用でき、かつ鑑賞しやすい、約180席の階段状座席を備えたホールです。

小規模コンサートや個人、団体の発表会、ワークショップや体験教室など、様々な利用を想定しています。

また、車椅子席や多目的鑑賞室も配置しています。

 

小ホール(JPEG画像; 95KB)

 

展示場、にぎわい広場(屋外展示場) 

面積約4,000平方メートル、有効高さ約9メートルの、大空間の平土間展示場です。
展示会や見本市、各種イベントなど、様々な用途にご利用いただけます。
3分割可能で、規模に応じてフレキシブルに利用できます。

また、にぎわい広場は、約1,600平方メートルの屋外広場で、広場の約半分に屋根があり、展示場では対応できない屋外利用をサポートします。
展示場との一体利用も可能です。 

 

展示場(JPEG画像; 93KB)

会議室(多目的ホール) 

大・中・小、計10室の会議室を備え、可動間仕切りにより様々な規模、用途に対応します。

大会議室は、3室を一体利用することで約690平方メートルの多目的ホールになります。シアター形式で約700人、スクール形式で約350人のキャパを誇り、レセプションパーティや展示会場としても利用できます。

多目的ホールやロビーからは、広大な屋上緑化を一望することができます。 

 

会議室(多目的ホール)(JPEG画像; 112KB)

 

平面図等 

施設の平面図等については、以下の資料をご覧ください。  

 

周辺整備(キャスティ21公園)について

施設西側にキャスティ21公園を整備します。都心部における緑とうるおいの空間を創出すると共に、公園内の歩行者デッキは、センター2階のメインエントランスに直結する、安全・快適で魅力ある歩行者空間を目指して整備します。 

公園 イメージ図(JPEG画像; 110KB) 

 

公園 夜景イメージ図(JPEG画像; 98KB)

詳細については、以下の資料をご覧ください。 

管理運営の方針

『新たな出会い、発見、価値を創出し、姫路の魅力の向上と都市の活力を生み出す交流拠点』を理念とし、条例や規則の制定、運営マニュアルの整備、開館記念事業の開催等に向けた準備を進めています。

 

 管理運営の方針 概念図

 

管理運営に関する内容の詳細は、以下の資料をご覧ください。

 

整備スケジュール

  • 平成26年度 基本計画
  • 平成27年度 基本設計 
  • 平成28年度秋頃から平成29年度 実施設計
  • 平成30年度秋頃から平成32年度 建設工事
  • 平成33年度秋頃 開館 

整備スケジュール 

検討経緯

昭和62年3月 都市計画決定(都市高速鉄道、区画整理、都市計画道路)
昭和63年3月 「姫路駅周辺総合整備計画(キャスティ21)」策定(大臣認可)
平成16年10月から平成18年3月

都心部まちづくり構想検討懇話会設置(注1)

「都心部まちづくり構想」、「キャスティ21整備プログラム」策定

平成23年3月 整備イメージ(たたき案)公表
平成23年11月から平成27年3月

イベントゾーン基本計画検討懇話会(注1)

「文化・コンベンションエリア基本計画」策定 

平成28年3月 基本設計作成
平成30年3月 実施設計作成

平成30年10月

姫路市文化コンベンションセンター条例公布

整備工事着手 

  

(注1)学識経験者、公募委員等で構成

 

このページの作成・発信部署
電話番号: 079-221-2064   ファクス番号:079-221-2557

姫路市公式アプリひめじプラス

姫路市公式フェイスブックページ

姫路市公式インスタグラム

姫路動画チャンネル

Copyright(C) 2018 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地