検索方法
 

自然環境の保全

市民総ぐるみで郷土の自然を愛護し、豊かな緑を確保して、自然と市民生活の調和を図るため、昭和46年12月23日、姫路市自然保護条例を制定し、昭和47年8月1日、同条例施行規則を交付、これに基づいて自然保護行政を推進しています。

自然保護行政について

保存樹

姫路市自然保護条例に基づき、市域に古くから自生し、市民に親しまれている古木、あるいは貴重な樹木を姫路市保存樹とし手指定し、その所有者をはじめ市や市民みんなで保護育成していこうとするもので、保存樹は単独樹木、並み木、森、樹林に区別されており、現在指定されているものは、単独樹木146本、並み木6カ所、森9カ所、樹林1箇所があります。下の写真は、その内の代表的なものです。保存樹の樹種や位置がわかるマップ(一部未掲載の箇所あり)がありますので、ご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。

書写千年杉の写真

書写山の千年杉 

白浜松原八幡神社のイチョウの写真 

松原八幡神社のイチョウ(白浜) 

 ダイセル科学のユーカリの写真

ダイセル科学のユーカリ(網干) 

 ケヤキの写真

田川神社のケヤキ(香寺町)  

 書写大森稲荷大明神のムクノキとエノキの写真

大森稲荷神社のムクノキとエノキ(書写)

 正八幡神社のケヤキの写真

 正八幡神社のケヤキ(船津)

ムクノキの写真 

植木野天神のムクノキ(安富町) 

 イチョウの写真

櫃蔵神社のイチョウ(夢前町) 

 

高層木による被度が極めて高く、都市環境上価値があり、あるいは、歴史的、社会的遺産をなって熟成している自然的環境区域を自然緑地保護地区として指定し、その所有者をはじめ市、市民みんなでこれらを保護育成するものです。

  • 青山稲岡山周辺 約2.0ヘクタール
  • 飾西大歳神社周辺 約1.6ヘクタール

動植物保護地区

  • 水尾神社 ヒメハルゼミの生息地 8,143平方メートル 

自然保護審議会について

保存樹や保護地区などを指定したり自然保護行政の重要な方針を決定したりする場合は、姫路市自然保護審議会を開催し、委員に内容を審議していただきます。委員には自然保護の専門家だけでなく、自然環境という大きな枠でとらえ、公募委員も含め幅広い分野の方々にご協力いただいております。最近では年1~2回の頻度で審議会を開催し、合併旧4町を中心に新たな保存樹や保護地区、保護動植物等の指定について、審議していただいております。

 

[過年度の審議結果]

  

  


【お問い合わせ】

〒670-8501  姫路市安田四丁目1番地

姫路市建設局公園部 公園緑地課 緑化・自然保護担当

電話 079-221-2412  ファクス 079-221-2593    

啓発・イベント活動

保護動植物・貴重な植物の紹介

姫路市内の保護動植物・貴重な植物についてご紹介します。

自然探勝会のご案内

海辺や山辺の貴重な植物や保存樹等を講師の説明を受けながら観察します。

「市川野鳥観察所」でバードウォッチング

市内東部を流れる市川に飛来する野鳥を西播愛鳥会の協力により観察します。

資料の閲覧方法についてのご案内

このページに掲載されている資料の中には、別途、閲覧ソフトが必要になるものが含まれています。
閲覧ソフトをお持ちでない場合は、下記のそれぞれのリンクから無料でダウンロードすることができます。

PDF形式 

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。

Acrobat Readerダウンロードページ

ワード形式

ワード形式のファイルをご覧いただく場合には、Microsoft社が提供するWord Viewerが必要です。

Word Viewerダウンロードページ 

エクセル形式

エクセル形式のファイルをご覧いただく場合には、Microsoft社が提供するExcel Viewerが必要です。

Excel Viewerダウンロードページ

このページの作成・発信部署
電話番号: 079-221-2413   ファクス番号:079-221-2593
Copyright(C) 2017 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地