検索の多いキーワード



検索方法
 

水道料金等の改定について

平成28年4月からの水道料金等の改定についてお知らせいたします。

水道料金等の改定について

 水道事業では、今後の人口減少や節水機器の普及等により水需要が減少することに伴って水道料金収入の減少が見込まれています。一方で、浄水場等の水道施設や水道管路は老朽化が進み、多額の更新費用が必要となるなど厳しい経営状況となっています。 

 このため、持続可能な水道事業の実現に向けて、水道事業経営懇話会を開催し、懇話会の意見を踏まえて、平成27年11月に中長期の経営の基本計画である「姫路市水道事業経営戦略」を策定いたしました。この「姫路市水道事業経営戦略」に基づき水道施設の統廃合などを進め投資費用を圧縮するとともに、浄水場運転管理等の外部委託拡大、小水力発電の実施、電力入札、遊休資産の売却など可能な限り経営の効率化を図ってまいりますが、老朽化した水道施設等の更新に必要な財源を確保するため、平成28年4月から平均14.7%の料金改定をさせていただくこととなりました。みなさまのご理解とご協力をお願いいたします。

 また、水道料金の改定に合わせて、受益者負担の公平性の観点から、新たに開栓手数料を設けるとともに、水道水と地下水等の自己水源を併用される利用者の方に対して、混合利用に伴う水質管理や水道管への逆流防止措置等を講じるために、新たに地下水等の利用状況届出制度を設けます。

 

 水道料金等の改定の概要

●水道料金の改定 

  • 施行期日
    平成28年4月1日
  • 水道料金の改定率
    平均改定率14.7%
  • 基本料金の見直し
    これまで同額だった水道メータ口径13ミリメートル、20ミリメートルの基本料金を個別に設定
    水道メータ口径25ミリメートル以上についても基本料金を見直し
  • 基本水量の見直し
    水道メータ口径13ミリメートル、20ミリメートルの基本水量を月10立方メートルから月5立方メートルに見直し
    水道メータ口径25ミリメートル以上について新たに基本水量を設定
  • 従量料金単価の見直し
    基本水量を超えた使用量にかかる従量料金単価の見直し

 

具体的な料金改定内容・料金早見表については、「ひめじ水道だより」(平成27年12月発刊)をご覧ください。 

 

  ひめじ水道だより (平成27年12月発刊)

 

水道料金改定の経過措置 

 2か月ごとの検針において、条例施行日(平成28年4月1日)より前から継続して使用されている場合、平成28年5月までの検針分は旧料金が適用され、平成28年6月以降の検針分は新料金が適用されます。(条例施行後の平成28年4月1日以降に開栓された場合には、経過措置の適用はなく新たな料金が適用されます。)

 水道料金経過措置説明図

 

●開栓手数料 

  平成28年4月1日から給水装置の新設時を除き、水道を開栓されるときには、水道使用の申込後最初にお支払いいただく料金と合わせて、1件につき1,000円(消費税込)の手数料を負担いただきます。

 

●地下水等利用状況届出制度 

 平成28年4月1日から、メータ口径40ミリメートル以上の利用者の方で、地下水等の自己水源と水道水を併用して利用される場合には、あらかじめ地下水等の利用状況について水道局に届出いただきます。 

 

地下水等利用状況届出の経過措置 

 メータ口径40ミリメートル以上の利用者の方で、平成28年4月1日より前から地下水等の自己水源と水道水を併用利用されている場合には、平成28年9月30日までに届出いただきます。 

 

お問い合わせ先 

 「水道料金」・「開栓手数料」のお問い合わせ先

 水道料金センター

  電話 079-221-2711

 水道局総務課営業・検査担当 

  電話 079-221-2802

 

「地下水等利用状況届出制度」のお問い合わせ先
 

 水道局施設課給水装置担当

  電話 079-221-2734

 

このページの作成・発信部署
電話番号: 079-221-2703   ファクス番号:079-221-2706
Copyright(C) 2017 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地