トップ > ダイヤル119 

ダイヤル119

 119番通報から出場までの流れ

 119番通報の流れ図

姫路市消防指令センターの機能  

 

119番通報の流れ(通報例)

《火事の場合》 

通報者 局番無しの「119」番をダイヤル

 係員 ハイ、119番です。火事ですか、救急(車)ですか?

通報者 火事です!

 係員 消防車が向かう、場所はどちらですか?

通報者 ○○市○○町○丁目○○番地 ○○マンション○○号室○○です。

 係員 何が燃えていますか?

通報者 〇〇が燃えています。

 (建物であれば、階数や逃げ遅れの有無、家族の人数等もお聞きします。)        

 係員 通報者として、あなたのお名前と、お使いの電話番号を教えてください。

 

《救急の場合》 

通報者 局番無しの「119」番をダイヤル

 係員 ハイ、119番です。火事ですか、救急(車)ですか?

通報者 救急(車)です!

 係員 救急車が向かう、場所はどちらですか?

通報者 ○○市○○町○丁目○○番地 〇〇(苗字)です。

 係員 どなたがどうされましたか?

通報者 【例】交通事故です。

 (事故の形態や負傷者の数、負傷者の意識や呼吸、ケガの状態等もお聞きします。)

 係員 通報者として、あなたのお名前と、お使いの電話番号を教えてください。 

 

 

※救急車が到着するまでは安静にさせ、必要なときは胸骨圧迫や人工呼吸、止血などの応急手当をしてください。 

※出動指令をかけた後、状況を確認するため折り返しの電話する場合があります。携帯電話から通報された場合は、通報後しばらくの間は、電源を切らずにその場にいてください。 

 

119番通報時のお願い

  • 内容の聴き取り中に、消防車や救急車を出動させています。慌てずに係員がお聞きする内容にわかる範囲でお答えください。   
  • 「サイレンは鳴らさないでほしい。」と言われる方がおられますが、法令で義務付けられているため、サイレンを鳴らさずに緊急走行をすることはできません。サイレンが聞こえて、もし可能であればお近くまで、車両の誘導をお願いします。
  • 「間違い」により119番通報された場合に、何も話さずに慌てて電話を切られる方がいます。間違ってかけてしまった場合は、何も言わずに電話を切るのではなく「間違いです。」と必ず言ってください。何も言わずに電話を切られた場合、姫路市消防指令センターでは何かあったのではないかと判断し、電話の呼び返しや消防車、救急車等を出して確認に向かうことがあります。 

  

【携帯電話からの119番通報時の注意点】

  • 電波の状態を確認して通報してください。場合によっては、一般加入電話や公衆電話からの通報に切り替えてください。
  • 自動車等を運転中の通報はおやめください。安全な場所に停車してから通報してください。
  • 災害が発生した住所を確認してから通報してください。正確な場所がわからない時や屋外の場合は、近くにいる人に正確な住所(場所)を聞いて通報するか、もしくは目標になる交差点、バス停、店舗、大きな建物、公共施設などを教えてください。)
  • 電波の状況や通報場所により、姫路市消防指令センター以外の消防本部へ接続される場合があります。姫路市内、神崎郡(市川町、福崎町、神河町)内での火事・救急等の場合は、姫路市消防指令センターへ転送されますので、住所(場所)をしっかりお伝えいただくようご協力をお願いします。

 

【火災等災害のお問い合わせについて】

  • 119番は火事、救助、救急等を通報する緊急回線です。
    火事など災害のお問い合わせは、テレホンガイド(災害案内)0180-997-007へかけてください。 

                                                                                    

停電時の119番通報について

こんな時利用してください(民間救急) 

休日・夜間の診療情報、相談ダイヤル

 

ファクス119

聴覚や発話が不自由で、音声による119番通報が困難な方を対象に、緊急事態が発生した時にファクスを利用して、通報できるシステムです。

ファクス番号は、局番なしの  119  番 

 ファクス119通報用紙(PDF形式; 124KB) 

 

姫路市消防指令センターでファクスを受信すると、受信した旨の通知を返信します。

姫路市消防指令センターからの返信ファクスがない時は、再送信するか近くの人に用紙を見せて通報をお願いしてください。

救急車が到着するまでに、家の鍵を開けて待ってください。

通報には、ファクス119番通報用紙を活用していただくか、必要事項を記載した用紙でお願いします。いざというときに備えて、予め記入できるところは、記入しておきましょう。 

 

NET119

NET119のイメージ 

<概要> 

聴覚や発話が不自由で、音声による119番通報が困難な方を対象に、インターネット機能を利用して携帯電話やスマートフォンからの消防車や救急車の要請ができるシステムです。

このシステムは、登録制となっておりますので、事前にお申し込みをしていただく必要があります。ただし、全ての機種が利用可能ではありません。

 

<利用対象者>

姫路市消防局が管轄する地域(姫路市・市川町・福崎町・神河町)に在住、在勤、在学の方で、聴覚、音声、言語、そしゃく機能が不自由な方、または音声でする通報に不安がある方。

<利用できるエリア>

外出先から通報した際、外出先の消防がNET119を導入済みの場合は、外出先を管轄する消防指令センターに通報が入ります。未導入の場合は、自宅住所を登録した管轄消防で受付けます。 

 

お申し込み及びシステムについての詳細は下記までお問い合わせください。

姫路市消防局情報指令課(姫路市防災センター4F)

電話 079-223-0003

ファクス  079-222-8222

メール syob-shirei@city.himeji.lg.jp 

 

 

外国語同時通訳サービス

 

外国人からの通報に対応する5カ国語(英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語)の同時通訳サービスです。外国人通報者と係員、コールセンターの三者通話により、円滑なコミュニケーションをサポートします。