トップ > お知らせ >適マーク制度について 

お知らせ

 

ホテル・旅館等に対する表示制度、「適マーク制度」について

適マーク制度



1 制度の概要


一定規模以上のホテル・旅館等からの申請に基づき、消防機関が審査し、消防法令及び建築法令に適合していると認めた場合に「適マーク」を交付し、利用者等に情報提供することにより防火安全体制の確立を図るための制度です。

ホテル、旅館

2 対象となる旅館ホテル等


収容人員が30人以上、かつ階数が3以上の、ホテル・旅館等又はホテル・旅館等を有する複合用途の建物

 

3 表示基準(点検項目)

  • 防火管理の実施状況等が、消防関係法令に適合していること。

  • 消防用設備等の設置状況等が、消防関係法令に適合していること。

  • 建築法令(構造・防火区画・階段)に適合していること。 


4 適マークの交付申請

 適マークの交付を希望する ホテル・旅館の関係者は、「表示マーク交付(更新)申請書(ワード形式; 36KB)」に次の書類で最新のものを添えて所轄の消防署へ申請してください。

  1. 防火対象物定期点検結果報告書
  2. 消防用設備等点検結果報告書
  3. 特殊建築物等定期調査報告書
  4. 防災管理点検結果報告書
  5. 製造所等定期点検記録票

  ※ 上記1.2.3については必ず提出してください。

  ※ 上記4.5については、法令等により点検の義務がある建物のみ提出してください。 

 

5 適マークの掲出

 適マーク(銀色)  

適合通知を受けたホテル・旅館等の関係者は、当該建物及びホームページ等において「適マーク(銀)」を掲出することが可能。 (有効期間~1年)


   
 適マーク(金色)  

3年間継続して、表示基準に適合していると認められた場合は、「適マーク(金)」を掲出することが可能。(有効期間~3年)  



6 適マークの返還

適マークの有効期間中であっても、次のいずれかに該当するホテル・旅館等の関係者は、適マークを掲出することができないものとする。

  • 火災が発生した建物(出火原因及び出火時の対応について、関係者の責に帰すべき事由のないものについては除く。)
  • 立入検査等によって表示基準に適合しないことが明らかとなった建物
  • 交付された適マークの電子データを無断で転用した場合とする。

 

「適マーク制度」の対象とならない施設

 

2階建て以下又は収容人員30人未満のホテル・旅館等の関係者は、必要に応じて、「表示制度対象外施設申請書(ワード形式; 34KB)」に次の書類で最新のものを添えて所轄の消防署へ申請して下さい。

  1. 防火対象物定期点検結果報告書
  2. 消防用設備等点検結果報告書
  3. 特殊建築物等定期調査報告書
  4. 製造所等定期点検記録票

上記1.2.3については必ず提出してください。

上記4については、法令等により点検の義務がある建物のみ提出してください。 

 

「適マーク」の交付施設について 

 

姫路市消防局管内で「適マーク」の交付を受けているホテル・旅館等はこちら。 

 

実施要綱等

 

  1. 姫路市防火基準適合表示要綱 (PDF形式; 221KB)
  2. 判定基準(PDF形式; 239KB)
  3. リーフレット (PDF形式; 1345KB)