トップ公開情報 >火災予防上の各種制度 > 住宅用火災警報器等の設置義務化について  

 住宅用火災警報器等の設置義務化について

あなたの家にも住宅用火災警報器の設置が必要となりました!


住宅用火災警報器の設置が義務付けられました
-住宅火災から大切な生命を守るために-

消防法の改正により、すべての住宅に住宅用火災警報器の設置が義務付けられ、姫路市火災予防条例で設置、維持の基準が定められました

 
  この動画はWMV7以上で再生してください.Windows Media Player のダウンロードはこちらから


いつから設置が必要になるの?


 

  • 新築住宅 平成18年6月1日からです。
  • 既存住宅 平成23年5月31日までに設置が必要です。
    (既存住宅とは、平成18年6月1日に現に存する住宅又は新築、増築、改築等の工事中の住宅をいいます。)



― 大切な生命を守るために、早めに設置しましょう ―

すべての住宅とは?


 

戸建住宅、店舗併用住宅、共同住宅、寄宿舎など全ての住宅が対象です。
(ただし、自動火災報知設備やスプリンクラー設備等が設置されている場合は、住宅用火災警報器等の設置が免除される場合があります。)


 

誰が設置するの?


住宅の関係者(所有者、管理者又は占有者)とされています。したがって、持ち家の場合はその所有者が、アパートや賃貸住宅などの場合は、大家さん又は不動産会社と借受人が協議して設置することとなります。

住宅用火災警報器等とはどんなもの?


住宅における火災の発生を未然に又は早期に感知し、警報する警報器・設備であり、次のいずれかを設置することとされています。
 

  • 住宅用火災警報器
    感知部、警報部等が一体となった単体タイプの警報器
  • 住宅用自動火災報知設備
    感知器、受信機、中継器等から構成されるシステムタイプの警報設備


 

住宅用火災警報器等には、次のようなタイプのものがあります。

住宅用火災警報器

  • 感知方式:煙式・熱式 
    条例では煙式を義務付けています。
  • 設置位置:天井・壁面
  • 警報:アラーム・音声
  • 電源:電池・家庭用電源 など

壁掛け型

天井設置型

 

住宅用火災警報器



どこに取り付けるの?

  • 寝室
    普段の就寝に使われる部屋に設置します。
    子供部屋や老人の居室なども、就寝に使われている場合は対象となります

寝室は取り付けの対象になります

 

  • 階段

    寝室がある階(避難階を除く)の階段最上部に設置します。

    寝室がある階(避難階を除く)の階段最上部に設置します。

  

3階建て以上の場合、上記の場所に加え、寝室がある階から2つ下の

階の階段に設置します。(当該階段の上階に警報器が設置されている場合を除く)

また、寝室が避難階(1F)のみにある場合は、居室がある最上階の階段に設置します。

3階建て以上の場合、上記の場所に加え、寝室がある階から2つ下の階の階段に設置します。(当該階段の上階に警報器が設置されている場合を除く)

 

  • さらに必要な場所

    上記までに示した例で警報器を設置する必要のなかった階で、就寝に使用しない居室

    (床面積7平方メートル以上)が5以上ある階の廊下(廊下がない場合は階段)

    に設置します。

    上記までに示した例で警報器を設置する必要のなかった階で、就寝に使用しない居室(床面積7平方メートル以上)が5以上ある階の廊下(廊下がない場合は階段)に設置します。

    台所は設置が必要な場所として義務化にはなっていませんが、

    住宅用火災警報器の設置をお勧めします


どのように取り付けるの?


取り付け方の説明図

警報器の中心を壁から0.6m以上離して設置

 

警報器の中心が天井から0.15~0.5m以内の位置に設置

 

エアコンなど吹きだし口がある場合は、吹き出し口から1.5m以上離して設置


梁などがある場合は梁から0.6m以上離して設置



どこで買えるの?

  • お近くの消防設備販売店などで販売しています。 また、ホームセンターや家電販売店などで取り扱 っているところもあります。
  • 新築やリフォームの際は、工務店や施工会社にご相談ください。
  • リース方式により、月々の負担を軽くするとともに、維持管理サービスを行う事業者もあります。

 

住宅用火災警報器には、国で定める技術上の規格があり、その規格に適合する製品には合格の表示がされています。

平成26年4月1日以降から、下記右側の適合表示が付された製品が検定制度による適合品として販売、設置されています。

なお、既にNSマークが表示されている住宅用火災警報器については、検定品と同等の性能を有するとして平成31年3月31日までその販売が認められています。


 

 

 

NSマーク              合格表示
NSマーク            合格表示

 平成31年3月31日                  平成26年4月1日

      まで販売可                  から表示

   

 

検定品販売スケジュール 

 


取扱店一覧(下記のホームページに取扱店舗の一覧が掲載されています。)

(一社)兵庫県消防設備保守協会のホームページ
(播但支部「住宅用火災警報器リスト」をクリック)


(一社)日本火災報知器工業会のホームページ
(お問い合わせ先一覧)

 


住宅用火災警報器の共同購入

 

住宅用火災警報器普及協力事業所制度

  

姫路市消防局では、住宅用火災警報器を販売しているお店や電気工事業者、消防設備業者のみなさんと強力に連携して、住宅用火災警報器の普及を図るため、住宅用火災警報器普及協力事業所を募集しましたところ、一覧表の皆様からご協力をいただくことになりました。

ご協力をいただいている「普及協力事業所」の皆様のお店では、住宅用火災警報器の設置に関する相談や地域、団体などで実施する「共同購入」(まとめ買い)への対応、住宅用火災警報器の特設コーナーを設置したり、ポスターの掲示やリーフレットの配布、レシートや折り込みチラシ等にメッセージ文を掲載していただいたりと、お店ごとに実施可能な範囲で、積極的な取り組みを行っていただくこととなっております。

この一覧表は、次の各要件に合致した事業所の皆様を掲載しております。

  • 姫路市内又は神崎郡内に事業所や販売店がある。
  • 国の定める規格に適合(NSマーク付き)した機器を販売している。
  • 姫路市消防局が作成する住宅用火災警報器普及協力事業所一覧表が公表されることに同意する。

ご購入や見積りのお問い合わせは、直接販売店へお願いします。
また、消防局が仲介や関与することはありません。 

 普及協力事業所の標章

 普及啓発用ちらしと共同購入の手引き

 普及協力事業所の標章

 普及啓発用ちらしと共同購入の手引き

   

 

ご相談・お問い合わせは


  • 住宅用火災警報器相談室

月曜~金曜(9時00分~17時00分)

0120-565-911(全国フリーダイヤル)


  • 消防局予防課 又は お近くの消防署予防係

月曜~金曜(9時00分~17時00分)

消防局 予防課 電話 079-223-9532

姫路東消防署予防係 電話 079-288-0119

姫路西消防署予防係 電話 079-294-0119

飾磨消防署予防係 電話 079-233-0119

網干消防署予防係 電話079-273-0119

中播消防署予防係 電話0790-23-0119

 

 

姫路市消防局 予防課



〒670-0940 姫路市三左衛門堀西の町3番地
電話  079-223-9532
ファクス  079-223-9540
Eメール syob‐yobou@city.himeji.hyogo.jp

資料の閲覧方法についてのご案内

このページに掲載されている資料の中には、別途、閲覧ソフトが必要になるものが含まれています。
閲覧ソフトをお持ちでない場合は、下記のそれぞれのリンクから無料でダウンロードすることができます。

PDF形式 

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。

Acrobat Readerダウンロードページ

ワード形式

ワード形式のファイルをご覧いただく場合には、Microsoft社が提供するWord Viewerが必要です。

Word Viewerダウンロードページ 

エクセル形式

エクセル形式のファイルをご覧いただく場合には、Microsoft社が提供するExcel Viewerが必要です。

Excel Viewerダウンロードページ