トップ > お知らせ > 消防用設備等の定期点検報告制度について

お知らせ

消防用設備等の定期点検報告制度について

消防用設備等は、いつどんな時に火災が発生しても確実に機能を発揮するものでなければなりません。そのためにも日頃から適切な維持管理が必要です。防火対象物の関係者には、消防用設備等の点検・報告、整備による適正な維持管理が、消防法で義務づけられています。




点検・義務のある人
消防用設備等の設置が義務付けられている防火対象物の関係者。
所有者、管理者、占有者
 所有者  占有者 管理者 


点検を行う人は、防火対象物の用途や規模により定められています。
延面積千平米以上、地下・3階以上の特定用途で屋内階段1つ


上記以外の防火対象物

上記以外の防火対象物は、防火管理者などの関係者も行うことができますが、
確実な点検・整備を行うために有資格者(消防設備士または消防設備点検資格者)
に行わせることが望まれています。




点検結果報告書の作成、報告

点検の内容と期間

点検結果報告書の作成、報告の期間、報告書の提出先