姫路市消防局 > 公開情報 > 市民のみなさまへの火災予防情報 > ガソリンの買いだめ・ポリ容器の保管はやめましょう!

 

ガソリンの買いだめ・ポリ容器の保管はやめましょう!

 ガソリンの買いだめやポリ容器での保管は、火災の発生や延焼拡大の原因になります。   

    次のことに注意しましょう。

 事業所や一般家庭での保管方法は? 

  • ガソリン、軽油は、消防法で規制されている引火性の危険物です。
  • ガソリン200リットル又は軽油1,000リットル以上を保管する場合は、消防法の許可が必要となり、また、ガソリン40リットル又は軽油200リットル以上を保管する場合は、姫路市火災予防条例の規制の対象となり、位置、構造及び設備の基準が適用されます。

 ガソリン、軽油の火災の危険性は? 

  • ガソリンをポリ容器で保管すると、気化してキャップ部分から漏れ出し、静電気などで引火し、一旦、火災が発生すると瞬時に爆発的に延焼拡大するので、ガソリンを保管することは、極力やめましょう。
  • 軽油を大量に保管することは、火災の発生危険が高まるとともに、一旦火災が発生した場合には、大規模な火災となるので極力やめましょう。

ガソリンスタンドで購入するときは?  

  • セルフスタンドでは、自らが容器に注油し購入できません。  (注油禁止です。)
  • セルフスタンド以外のガソリンスタンドでは、従業員に消防法令に適合した容 器であることを確認し購入しましょう。

容器の基準については?

  • 灯油用のポリ容器にガソリンを入れることは、極めて危険なので、消防法令により禁止されています。
  • ガソリンの容器は、消防法で認定された金属製の容器を使用しましょう。
  • 自家用自動車で運搬する場合は、金属製の容器(最大容積22リットル以下)を使用しましょう。 

ガソリン専用容器 

 ガソリン専用容器

 

 灯油用ポリ専用容器

灯油用ポリ専用容器