トップ > お知らせ > 不審火に備えよう

お知らせ

ストップ・ザ・放火 不審火に備えよう

不審火が増えています!!
下記の『放火火災予防マニュアル』を参考にして、放火されにくい環境をつくりましょう。


放火されない環境づくりを!ゴミは収集日に出しましょう。 

 放火火災火予防マニュアル


一般住宅 放火火災の実態
  1. 家の外に出してある不用品、古新聞等に放火される。
  2. 郵便受けの新聞やチラシ類に放火される。
  3. ベランダ等に干してある洗濯物に放火される。 
放火される要因
  1. ブロック塀等により、内部に侵入した者を隠してしまう。
  2. 建物の周囲に不用品や古材、ゴミ等が積んである。
対策 対策
  1. 塀は、金網や生垣等はなるべく低くし、死角をつくらないように工夫する。
  2. 不用品や古材等は、整理整頓して物置等へ保管する。
  3. 外出時や就寝時は、窓、ドア等の開口部は必ず施錠する。
  4. 外出時は、隣近所に一声掛けて協力を求める。
  5. 門扉、通用口、車庫、物置等のドアは必ず施錠する。
  6. 夜間用照明機器等を設置して、不審者に対処する。
  7. 敷地外周部の可燃物にも注意する。

駐車場 放火火災の実態
  1. 車両のボディカバーに放火される。
  2. 連続放火されることが多い。
  3. 車上窃盗、盗難等犯罪行為を隠ぺいするために放火される。
放火される要因
  1. 屋外駐車場は、人目につきにくい。
  2. ボディカバーは、火を着けやすい。
  3. ゴミ、枯葉等可燃物が散乱している。
対策 対策
  1. 塀は、金網や生垣等はなるべく低くし、死角をつくらないように工夫する。
  2. 駐車場への出入口を設定して、自由に出入りできないようにする。
  3. 常夜灯を設置して、駐車場内を明るくする。
  4. ボディカバーは、「防炎品」を使用する。
  5. 車両のドア、窓は、完全に閉めて施錠する。
  6. 所有者、管理者は巡回警備等を実施する。

空家・空室 放火火災の実態
  1. 建物周辺に捨てられている生活用品やゴミ等に放火される。
  2. 空家、空室内に入り込んで放火される。
放火される要因
  1. 敷地内、建物内への出入りが自由にできる。
  2. 空家等は、居住者がいないため不審者に対する監視体制ができていない。
  3. 建物周辺、建物内に燃えやすい物が多量にある。
  4. 付近住民の関心が薄い。
対策 対策
  1. ドア、窓等を施錠して空家、空室へ侵入できないようにする。
  2. 空家の周囲を金網や鉄板で囲い、出入りできないようにする。
  3. 夜間、建物周辺を照明する。
  4. 所有者、管理者をはっきりさせて、連絡体制を確立しておく。
  5. 所有者、管理者の管理意識を高め、巡回警戒等を実施する。
  6. 空家等の情報を把握し、付近住民に監視体制の協力を求める。