トップ > 消防の活動 > 消防の仕事 > 火災の予防

消防の活動

火災の予防

いっしゅんにして、とうとい命や財産(ざいさん)をうばうおそろしい火災をなくすために、消防署(しょ)はどのような仕事をしているのでしょう。

  • 学校やデパート等の消火設備(せつび)の検査(けんさ)を定期的(ていきてき)に行います。
  • また、火災のとき、避難(ひなん)や消火がうまくできるように指導(しどう)しています。 
     

消防用設備の検査の様子


  • 学校や会社などで、防火についての話をしたり、 火災のときに消火器(き)がうまく使えるように指導(しどう)しています。
  • 石油ストーブの灯油(とうゆ)などが安全なところ に置(お)かれ、正しく取りあつかわれているかを検査(けんさ)したり、指導(しどう)したりします。
  • また、ガソリンスタンドで自動車に燃料(ねんりょう)を入れる場合、火災を起こさないように正しく給油(きゅうゆ)しているかを検査(けんさ)をしています。


▲トップに戻る