コンデンサも熱中症で出火!!

高温多湿となる時期、低圧進相コンデンサの破裂による火災が発生しやすくなります。

 

低圧進相コンデンサとは、~200Vの業務用冷蔵庫やモーター等を使用する電機機器の力率を改善し、電力を効率よく使用する機器として、店舗や作業場等で使用されています。

出火原因のひとつとして、長期使用による経年劣化が考えられます。

 工場などで昭和50年以前の古いコンデンサをご使用の場合は、以下の点に注意し、点検・取替をしてください。

  1. 昭和50年(1975年)以前に製造された製品には保安装置が内蔵されていないため、使用停止や取替えが必要となります。
  2. 低圧進相コンデンサの火災を防ぐ対策として、”機器を使用しない時はメインブレ  ーカーを切り、低圧進相コンデンサに電圧がかからないようにする”ことを推奨します。
  3. 概ね10年以上が経過したものは、専門業者による点検を受け、計画的に交換することが推奨します。

 姫路市消防局管内におきましては、過去10年間で12件の火災が発生しています。

 これを受け、電気事業者と連携して予防広報をしています。

 一般社団法人日本電機工業会のHPも参考にしてください。

  ⇒ 一般社団法人日本電機工業会

雷 古い低圧進相コンデンサは発火の危険性があります(日本電機工業会HPより)(PDF形式; 609KB)

 

雷注意喚起用リーフレット(消防局作成)(PDF形式; 76KB)

 

              【火  災】 
事例画像  事例画像 
 
             【設置例】
設置例    

資料の閲覧方法についてのご案内

このページに掲載されている資料の中には、別途、閲覧ソフトが必要になるものが含まれています。
閲覧ソフトをお持ちでない場合は、下記のそれぞれのリンクから無料でダウンロードすることができます。

PDF形式 

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。

Acrobat Readerダウンロードページ

ワード形式

ワード形式のファイルをご覧いただく場合には、Microsoft社が提供するWord Viewerが必要です。

Word Viewerダウンロードページ 

エクセル形式

エクセル形式のファイルをご覧いただく場合には、Microsoft社が提供するExcel Viewerが必要です。

Excel Viewerダウンロードページ