IHクッキングヒーターからも火災は発生します 

 IHクッキングヒーターは、安全だと思い込んでいませんか?

 電気を使用している、安全装置がついていると言えど、使用方法を誤れば火災になることもあります。

 

姫路市で実際に起こったIHクッキングヒーターからの火災事例

  • 事例1
    油の入った揚げ物鍋を加熱し、別の用事をするために目を離していたところ火災になった
  • 事例2
    汚れ防止シートを敷き、揚げ物鍋を加熱したところ、IHの温度制御が機能せず、火災になった
  • 事例3
    揚げ物鍋とIHの間に鍋敷きが挟まっていることに気づかず加熱したため、IHの温度制御が機能せず、火災になった
                   
 
 

なぜ火災になったのだろう?

  • 油を加熱中にその場を離れてしまった。
  • 油の量が適切でなかった
  • 鍋の下に、シリコンシートや鍋敷き等があったためIHの温度制御が機能しなかった

 

 

火災を起こさないために

  •  「IHだから大丈夫」、「揚げ物設定にしているから大丈夫」という思い込みはせずに、揚げ物をしているときはその場所を離れないでください。
    離れる際は、必ずスイッチを切ってください。 

           

 

  • 適切な油の量で揚げ物をしてください。
    油が少ないと、少量の油を強い火力で加熱するため、温度制御が間に合わず、火災になることがあります。
    逆に、油が多すぎると、あふれ出し、負傷する危険があります。
  • 汚れ防止シートを使用する際は、取扱説明書をよく読んで使用してください。
    温度センサーが機能しない場合があります。