トップお知らせ火災予防関係>大切なペットを守るためにも対策を

 

思わぬ火災を引き起こさないように~大切なペットを守るためにも対策を~

ご注意! 

 姫路市消防局管内で、ペット(室内犬)が原因と考えられる火災が発生しています。

 うち1件は、飼い主の留守中に発生しており、ペット(室内犬)がガスコンロのスイッチを押してしまったことでコンロの上に置かれていたものに着火し、火災とったと推定しています。このようにペットが引き起こしたと考えられる火災は全国的にも発生してします。

 

思わぬ火災の防止のために   

・ ガスコンロを使用しないときは、元栓をしめる。 
        ペットがガスコンロのスイッチを押してしまう可能性があります。 
・ ガスコンロのチャイルドロック機能など、誤作動防止機能を習慣的に使用する。
        元栓をしめることと合わせて、誤作動を防止する機能を活用し、二重で対策してください。 
・ コンロの周囲に燃えやすいものを置かない。
        ガスコンロの周囲は普段から整理整頓し、周囲の油汚れもこまめに清掃してください。
 

本当にペットがコンロのスイッチを押すことができるの?

 コンロは、利便性を求め、スイッチの構造を回転式から押しボタン式へと変更されています。誰でも簡単に操作できるようにしたことで、ペットがそのボタンに接触しただけで、コンロの火が点火してしまうことがあります。

 

ペットがコンロのスイッチを押すイラスト

 

最後に

 飼い主のみなさまは、ペットが火災を引き起こしてしまう恐れのあることを十分に認識し、大切なペットを守るためにも上記の対策を火災の防止のために講じてください。

 また、ペットを飼っていない家庭でも、ネズミやゴキブリなどの小動物や害虫が火災を引き起こす事例も全国で発生しています 。小動物や害虫が侵入するかもしれない製品の周りはこまめに清掃し、動作不良や焦げ臭いにおいなどの異常がみられた際は点検を受けてください。

 

関連ホームページ

NITE(独立行政法人製品評価技術基盤機構)による注意喚起(外部サイト)