ガソリンスタンドにおけるガソリンの詰め替え販売について 

 

 令和元年7月18日 京都市において多数の死傷者を伴う火災が発生しました。

 本件火災の詳細については現在調査中ですが、ガソリンをまいて火をつけたものとみられています。

 

 ガソリンスタンドにおいて詰め替え販売したガソリンが放火などの犯罪に悪用されることを防ぐため、姫路市消防局管内のガソリンスタンド関係者の皆様におかれましては、下記の取り組みにご協力ください。

 

  1. 運転免許証等による購入者の身分確認
  2. 販売日時、購入者名、使用目的等の記録 

 

 放火ダメ  消太指差し

 

 

 なお、販売記録用紙について所定の様式等はありませんが、販売記録用紙(例)を下記よりダウンロードし、ご活用ください。 

 

販売記録用紙(例)(ワード形式; 14KB) 

 

ガソリンの詰め替え販売時の注意事項

 

ガソリンの危険性について

 ガソリンは常温ではもちろん、-40℃でも静電気や電気スイッチの火花などのちょっとした火源でも引火し、爆発的に燃焼します。

 ガソリンの蒸気は目に見えず、また空気より重く、穴やくぼみなどに溜まりやすいため、離れたところにある思わぬ火源によって引火するおそれがあります。

 

ガソリンを入れる容器について

 ガソリンを入れる容器は、消防法令により、一定の強度を有するとともに、材質や容量に制限があります。

 また、ガソリンを入れる容器は、性能試験(落下試験、気密試験、内圧試験及び積み重ね試験)に適合したものでなければなりません。

 従って、灯油用ポリ容器やペットボトル、ガラス瓶などにガソリンを入れることは出来ません。 

 

ガソリンを入れた容器を乗用車(ステーションワゴンやワンボックスカーなどを含む)で運搬する場合

 ガソリンを入れた容器を、トラックの荷台ではなく乗用車で運搬する場合、最大容積22リットルまでの金属製容器しか認められていません。 

 

セルフスタンドでの監視業務について

 セルフスタンドでは、顧客自らガソリンを容器に詰め替えすることはできません。

 監視業務中、顧客が車の荷台やドアを開放した状態で給油するような素振りがあれば、安易に給油許可ボタンを押下せず、監視カメラや目視によってしっかりと確認することが必要です。

 

お問い合わせ先

 

姫路市消防局予防課 危険物担当

姫路市三左衛門堀西の町3番地 

電話 079-223-9539(ダイヤルイン)