トップ > 職員採用候補者試験 > 先輩からのメッセージ > 消防指揮隊員 脇田 伊統

 

 

 脇田伊統

消防指揮隊員
消防・救急課勤務

【平成16年採用】
脇田 伊統

 

 私は平成16年に消防士を拝命後、消防隊員、救助隊員を経て、平成28年4月から消防指揮隊員として勤務しています。


 

 消防指揮隊は、平成28年に姫路市消防局消防・救急課と姫路東消防署に設置された現場指揮活動に専従する部隊であり、管内全域の火災や救助などさまざまな災害現場に出動します。任務は災害現場における消防の責任者である消防指揮隊長とともに高度な情報収集と分析を行い、現場を管理統制することで、例えば、建物火災現場では、われわれ消防指揮隊が逃げ遅れている人や燃えている建物についての情報を正確に集め、いち早く、消防指揮隊長からの命令を確実に救助隊に伝えることで、1分1秒でも速く、建物内に逃げ遅れている要救助者を助けることができるようになります。また、活動隊の安全管理も行います。私は、このように活動隊が安全、確実、迅速に人命救助や消火活動ができるよう、現場指揮スタッフとして災害現場に出動する消防指揮隊にやりがいを感じています。

 消防とは、その職務として危険な災害現場に立つことを許され、自分達の手で誰かの命を救えるかもしれないという、何にも代えがたい使命と大きなやりがいを持てる仕事です。これから採用試験を受験する皆さんも、「消防士になって市民を守りたい」という熱い思いを持って、私たちと共に働きましょう。