トップ > 応急手当 > もし、溺れたら・・・ > 気道の確保

応急手当

気道の確保

意識がないと筋力が低下し気道がふさがってしまいます

【方法】  片手を額に当て、もう片方の手の人差指と中指の2本を顎先に当てます。この2本で顎を持ち上げ、気道を確保してください。


気道の確保


ポイント


  • 指で下顎の柔らかい部分を、圧迫しないでください。

  • 頭を無理に後ろに、そらせないでください。

  • 首にケガをしているようであれば、両手で下顎のみを引き上げるようにしてください。



気道の確保ができれば・・・ 次へ

▲トップに戻る