トップ > 応急手当 > もし、溺れたら・・・ > 人工呼吸

応急手当

人工呼吸

「呼吸なし」と確認できたら・・・


【方法】

  • 呼吸がなければ人工呼吸をします。 
  • 気道を確保したまま、額に当てている手の親指と人差指で鼻をつまみます。 
  • 倒れている人の口を覆うほど、大きく口を開け息を静かに、ゆっくりと約2秒かけて2回吹き込みます。 
  • 吹き込みながら、胸の方をじっと見て、胸が上下する動きを確認する。 
  • 1回吹き込み終わると、口を少し離し、吹き込みの戻りを確認する。



 



人工呼吸

ポイント


  • 簡易型の人工呼吸用のマスク(感染防止用)があれば、それを利用してください。
  • 吹き込む息の量は、大人でも子供でも、倒れている人の胸が軽く膨らむくらいで行ってください。
  • 吹き込んだ時に、スムーズに吹き込めなかった時はもう一度口の中を調べてください。
  • 異物があれば取り除き、なければもう一度十分に気道確保して息を吹き込んでください。
  • それでもだめなら、もう一度異物を確認してください。



人工呼吸が、うまくいけば・・・ 次へ

▲トップに戻る