トップ > 応急手当 > もし、溺れたら・・・ > 心肺蘇生法

応急手当

心肺蘇生法

心臓マッサージと人工呼吸の組み合わせです。

【圧迫する位置の確認方法】 圧迫する位置の確認方法
  • 肋骨の下の縁を中心の切れ込みに向かって、片方の手で人差指と中指でたどっていきます。
  • 肋骨の中心の切れ込みから指1本分上の位置が圧迫部分です。
  • 圧迫部分に、もう一方の手のひらの付け根を当てます。その上に手を重ね、両手で圧迫します。
  • 圧迫する場合、肘をまっすぐに伸ばし垂直に圧迫します。


【心肺蘇生法】・・・1人の場合 心肺蘇生法
  • 気道を確保し、人工呼吸を2回行います。
  • すぐに、1分間に80~100回の速さで15回心臓マッサージ行います。


【心肺蘇生法】・・・2人の場合
  • 倒れている人に対し、1人は最初だけ2回人工呼吸を行い、続いてもう1人が心臓マッサージを5回行います。

  • そのあとは、リズムを保ちながら人工呼吸1回、心臓マッサージ5回を繰り返します。



ポイント


  • 心肺蘇生法も呼吸や脈拍が完全に回復するか、救急隊や医師が来るまで続けてください。


▲トップに戻る