トップ > 応急手当 > 熱中症になってしまったら

応急手当

熱中症になってしまったら

 熱中症は、その原因か症状によって「日射病」や「熱射病」など様々な呼び方をされてきましたが、厳密に区別することが難しく、最近ではひとまとめにして熱中症と呼ぶことが多くなっています。 

熱中症の判断ポイント (こんな時は救急車を呼びましょう!)

 熱中症は、高温環境による身体への障害で軽症から致命的なものがあります。
 症状として発汗、頭痛、めまい、嘔気、嘔吐、脱力感、筋肉のひきつけなどがあります。
 見逃してはいけないサインとして、以下のことがあげられます。

  • 意味不明の言動
  • 自分で水等を飲むことができない
  • 皮膚が乾燥(発汗停止)し、熱い
  • 浅くて速い呼吸
  • 意識がない
  • 全身のけいれん 

応急手当

  • 涼しい環境に移動させる
  • 水分・塩分を補給する
    (汗により水分だけでなく塩分も失っているので、水だけでなく少量の塩を加えた水か、スポーツドリンクを飲ませる方が効果的です)
  • 体を冷やす
    (うちわや扇風機で風をあてたり、わきの下、足のつけ根、首など、太い血管が通っている場所を保冷剤などで冷やすことが効果的です)

熱中症を防ぐために…

  • こまめな水分・塩分の補給(一度に沢山の水分を補給するのではなく、コップ1杯(約200ml)の水分をこまめにとりましょう)
    特に高齢者や障害をお持ちの方は、のどの渇きを感じなくても、こまめに水分補給を!
  • 室温が上がりにくい環境の確保
    (こまめな換気、遮光カーテン、すだれ、打ち水など…)
  • エアコンや扇風機を使った温度調整
    (エアコンを使用する際、暖かい空気は天井に溜まりやすいので、扇風機を上向きにすると室内温度が均等になり節電効果もあるそうです)
  • こまめな室温確認
  • こまめな体温測定
    特に高齢者や体の調整機能が十分でない方
  • 熱中症対策グッズの使用(保冷剤、氷、冷たいタオルなどによる体の冷却)
  • 日頃から運動習慣をもち、体温調節の働きを高めておく
  • 日傘や帽子の着用
  • 日陰の利用、こまめな休息と水分補給
  • 天気のよい日は昼下がりの外出をできるだけ控える

 

      熱中症対策をしっかりして、楽しい夏を過ごしましょう♪