トップ > 応急手当 > 鼻血が止まらない

応急手当

鼻血が止まらない

鼻の穴の中は、粘膜で出来ており、細い血管が網の目のようになっています。
鼻血の大部分は、この部分からで、ぶつかったり、血圧が高くなって出血したり、子供が無意識のうちにひっかいて出血することが、案外多いのです。

 

応急手当

  • 指で鼻の骨の上を数分間、強めにつまむとほとんどの場合は止まります。ただし、高血圧症などでは、止まりにくいことがあります。
  • 清潔なガーゼやハンカチを細長く切って、鼻の穴からそっと入れその上で鼻を強くつまむと、なお止まりやすいです。ティッシュなどはあとで、取り除くのに苦労するので使わない。
  • 止血してもすぐには、鼻をかまないでください。
  • 体を安静にして、口の中に流れ込んだ血は飲み込まず、外に出すようにしてください。
  • 仰向けにしたり、頸を後方に曲げる必要はありません。
  • もし、応急手当で止まらない時は、様々な原因が考えられるので医師の診察を受けてください。 



▲トップに戻る