トップ > 応急手当 > 喉に物が詰まった 

応急手当

喉に物が詰まった

気道異物による窒息とは、たとえば食事中に食べ物が気道に詰まるなどで息ができなくなった状態です。いったん起こると死に至ることも少なくありません。窒息による死亡を減らすために、まず大切な事は、窒息を予防することです。飲み込む力が弱った高齢者などでは食べ物を細かくきざむなど工夫しましょう。食事中にむせたら、口の中の食べ物は吐き出して下さい。もし、窒息への対応が途中でわからなくなったら、119番通報をすると電話を通してあなたが行うべきことを指導してくれますので、落ち着いて指示に従ってください。万が一窒息してしまった場合は、以下の対応をしてください。


1  傷病者に反応(意識)がある場合


 

咳をすることが可能であれば、咳をできるだけ続けさせて下さい。咳は異物の除去に最も効果的です。

咳をさせる様子
動画をみる


 

 


2 腹部突き上げ法と背部叩打法

窒息と判断すれば、ただちに119番通報を誰かに依頼した後に、腹部突き上げ法や背部叩打法を試みます。
腹部突き上げ法と背部叩打法は、その場の状況に応じてやりやすい方法を実施して構いませんが、1つの方法を数度繰り返しても効果がなければ、もう1つの方法に切り替えて下さい。異物が取れるか反応がなくなるまで、2つの方法を数度繰り返し続けます。
注意!明らかに妊娠していると思われる女性や高度な肥満者には腹部突き上げ法は行いません。背部叩打法のみを行います。

【腹部突き上げ法】

腹部突き上げ法
動画をみる


 

 

傷病者の後ろにまわり、ウエスト付近に手を回す。


 

 

片手で握りこぶしを作り、その親指側を傷病者のみぞおちの十分下方に当てる。


 

 

その上をもう一方の手で握り、すばやく手前上方に向かって圧迫するように押し上げる。


 

【背部叩打法】

背部叩打法
動画ををみる


 

 

傷病者の後方から、手の付け根で肩甲骨の間を力強く何度も連続してたたく。


 

 


3 傷病者の反応(意識)がない又はなくなった場合


 

ただちに通常の心肺蘇生法の手順を開始して下さい。
心肺蘇生法を行っている途中で口の中に異物が見えたなら、異物を取り除いて下さい。


▲トップに戻る