トップ > 応急手当 > 出血が止まらない(止血法) 

応急手当

出血が止まらない(止血法)

基本は、出血部位を直接圧迫する「直接圧迫止血法」です。

 


 

応急処置

 

 

  • 清潔なガーゼやハンカチを、重ねたりして傷口にあて、その上を手で押さえ圧迫してください。

圧迫止血しているところ

 

  • 傷口を心臓の位置より高く上げておくと、止まりやすくなります。

 

  • 大きな血管からの出血の場合で、片手で圧迫しても止血しない時には両手で体重を乗せながら圧迫してください。

 

  • 何よりも出血しているところを、圧迫しながら急いで救急車を呼ぶか、病院で受診してください。


 

止血の手当を行う時は、感染防止のため血液に触れないように注意してください。


また、ビニールかゴム製の手袋を使用して手当することが必要です。



▲トップに戻る