トップ > 応急手当 > いざというときの心肺蘇生法

応急手当

AEDの使用

簡単な応急手当

あなたは愛する人を救えますか?

AEDの使用

 突然に心臓が止まるのは、心臓がブルブルと細かくふるえる「心室細動」によって生じることが多く、この場合には、できるだけ早く心臓に電気ショックを与え、心室細動をとめる(これを除細動といいます。)ことがとても重要です。
 AEDは、この電気ショックを行うための機器で、自動で心室細動かどうかを調べて、電気ショックが必要かどうかを決定し、音声メッセージで指示してくれます。一般の方でも音声メッセージに従うだけで簡単で確実に操作することができます。

AEDの使用 AEDの使用
動画を見る



 AEDの使用手順

  1. 【AEDの準備】
    AEDが届いたら、倒れている人の近くに置きます。(倒れている人の頭の近くに置くと操作しやすくなります) 

  2.  【電源を入れる】
    機種によって、電源ボタンを押すタイプと、ふたを開けると自動的に電源が入るタイプがあります。 
    電源が入ると音声メッセージとランプに従って操作します。

  3. 【パッドを貼り付ける】
    倒れている人の胸をはだけます。
    AEDのケースに入っている電極パッドを袋から取り出し、電極パッドや袋に描かれているイラストに従って貼り付けます。
    機種によっては、電極パッドから伸びているケーブルの差し込みプラグをAED本体の差込口に挿入する必要があります。
    小学校に入るまでの未就学児に対しては、小児用の電極パッドが入っていればこちらを使用します。また、小児用モードの機能がある機種は、小児用に切り替えて使用して下さい。これらがなければ、成人用の電極パッドを使用します。
  4. 【心電図の解析】
    電極パッドを貼り付けると「体に触れないで下さい」などの音声メッセージが流れ、自動的に心電図の解析が始まります。
    この時「離れて下さい」と注意を促し、誰も倒れている人に触れていないことを確認します。
    解析が終わると、次に何をするのかAEDから指示があります。
    「ショックは不要です」などの音声メッセージが流れた場合は、ただちに胸骨圧迫を開始して下さい。
  5. 【電気ショック】
    解析後、AEDが電気ショックが必要と判断した場合、「ショックが必要です」などの音声メッセージが流れ、自動的に充電を開始します。 
    充電完了すると、「ショックボタンを押して下さい」などの音声メッセージが流れ、ショックボタンが点灯し、連続音がでます。 
    充電完了したら「ショックを行います。みなさん、離れて下さい!」と注意を促し、誰も倒れている人に触れていないことを確認し、ショックボタンを押します。
    ショックボタンを押す際は、必ず自分が倒れている人から離れ、誰も触れていないことを確認して下さい。
  6. 【胸骨圧迫を行う】 
    電気ショックを行ったら、すぐに胸骨圧迫を実施して下さい。

 

 

 AEDの適応年齢


 
  • 小児用パッド 生後28日(1ヶ月)~未就学児(小学生未満) 
    小児用パッドがない場合、成人用パッドを使用します
  • 成人用パッド 未就学児以上

 

 

 こんな場合どうするの?


  • 倒れている人の胸が濡れている場合はタオル等でしっかりと拭きとってください。

  • 胸に貼り薬(ニトログリセリン、喘息薬)等がある場合は剥がしてください。

  • 心臓ペースメーカー等が埋め込まれている場合(胸の皮膚が盛り上がっており、下に硬いものが触れるので分かります。)は、そこを避けて電極パッドを貼ってください。



AED到着後は、AEDの音声メッセージに従う 次へ

▲トップに戻る