トップ > 応急手当 > いざというときの心肺蘇生法

応急手当

反応を確認する


簡単な応急手当

あなたは愛する人を救えますか?

反応を確認する
倒れている人を発見したら…

倒れている人を発見したら、まず反応があるかないかを確認してください。ただし、倒れている人に近寄る前に周囲を見渡して安全であることを確認する必要があります。車の往来や室内に煙が立ち込めているなどの状況があれば、安全な場所に移動させてから反応を確認します。


【確認方法】
 倒れている人に近づき、肩を軽くたたきながら、「大丈夫ですか?」とか、「もしもし」などと呼びかけ、反応があるかないかをみます。
 突然の心停止が起こった
直後には痙攣が起こることもありますが、この場合には「反応なし」と判断して下さい。


反応の確認方法

動画を見る


ポイント

  • 呼びかけに対して目を開けるか、なんらかの反応または、目的のある仕草がなければ「反応なし」と判断してください。
  • 交通事故などで、頭や首をケガしている可能性のある時は、体を揺すったり、首を動かさないでください。危険な場所であるなど、やむを得ない場合に限って、安静に必要最低限の移動を行ってください。
  • 反応がある時は、倒れている人の訴えを聞いて、必要な応急手当をしてください。(楽な姿勢をとらせる、止血等)


    反応がない場合は・・・ 次へ


▲トップに戻る