トップ > 応急手当 > いざというときの心肺蘇生法 > 意識の確認

応急手当

意識の確認

倒れている人がいたら、まず意識があるかないかを確認してください。
【確認方法】  倒れている人に近づき、片手を額に当て、もう片方の手で肩をたたきながら、「大丈夫ですか?」とか、「もしもし」と呼びかける。


意識の確認

ポイント

  • 呼びかけて、目を開けたり反応がある時は「意識あり」、なにも反応がなければ「意識なし」と、判断してください。
  • 交通事故などで、頭や首をケガしている可能性のある時は、体を揺すったり、首を動かさないでください。
  • 意識がある時は、倒れている人の訴えを聞いて、必要な応急手当をしてください。


    意識がない場合は・・・ 次へ

    ▲トップに戻る