トップ > 応急手当 > いざというときの心肺蘇生法応急手当

人工呼吸

簡単な応急手当

あなたは愛する人を救えますか?

人工呼吸
胸骨圧迫を行ったら・・・

30回の胸骨圧迫を行ったら、気道を確保し2回の人工呼吸を行います。

人工呼吸
動画を見る

気道確保(頭部後屈顎先挙上法)
倒れている人の喉の奥を広げて空気を肺に通りやすくします。


 

ポイント


  • 片手を額にあて、もう一方の手の指先を顎先にあてて、顎先をあげます。



人工呼吸】
空気を肺へ送ります。

 ポイント


  • 気道を確保したまま、額に当てた手の親指と人差し指で倒れている人の鼻をつまみます。 
  • 口を大きく開けて、倒れている人の口を覆って密着させ、約1秒かけて息を吹き込みます。
  • 吹きこむ量は、傷病者の胸が上がるのが見える程度です。
  • 2回息を吹き込みます。(うまく胸が上がらない場合でも、吹きこみは2回までにします。)
  • 2回の吹き込みを行う間は胸骨圧迫が中断されますが、中断は10秒以上にならないようにします。 
  • 口対口人工呼吸による感染の危険性はきわめて低いので、感染防護具なしに人工呼吸を行ってもかまいませんが、手元にある場合は使用してください。
  • 口対口人工呼吸に抵抗がある場合は人工呼吸を省略し、すぐに胸骨圧迫を始めて下さい。この場合、胸骨圧迫のみを続けて下さい。 
  • 成人・小児とも同様です。


    人工呼吸が終われば・・・ 次へ

▲トップに戻る