トップ > 応急手当 > いざというときの心肺蘇生法

応急手当

人工呼吸の継続

循環のサインが確認できたなら


【方法】

  • 始めに行った人工呼吸と同様に、倒れている人の鼻をつまみ、口全体を覆います。


  • 5秒に一回の割合で、息を吹き込みます。


  • ゆっくりと約2秒かけて息を吹き込んでください


  • 吹き込む量は、軽く胸が膨らむ程度です。





人工呼吸


ポイント

  • 人工呼吸は、呼吸が完全に回復するか又は、救急隊や医師に引継ぐまで続けてください。

  • 循環のサインを確認した時に、循環のサインが無ければ心肺蘇生法を行ってください。



循環のサインがなければ・・・ 次へ

▲トップに戻る